遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
契約者が志望した場合の住宅ローンの支払い

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要?

住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか。

住宅ローンが払えずに、物件を手放すことを検討しているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、払わなければいけないと思っている残された住宅ローンですが、実は払わなくていい場合がほとんどなのです。

住宅ローンを借りるときには、原則として「団体信用生命保険」というものに加入します。

一部例外はありますが、団体信用生命保険の加入率はほぼ100%に近い数字です。

団体信用生命保険とは、ローンの借主が死亡したり、身体障害になったりして、ローンの支払いを行うことができない状態になった場合、そのローンの残額を肩代わりしてくれる保険です。

つまり、借主が団体信用生命保険に加入していたら、借主が死亡した場合、その時点で残っている借入金はその保険金で支払われます。

残っていたローンがゼロになるのです。

けれども、その事を知らない残された家族が、本来なら支払わなくてよくなった住宅ローンを支払い続けていたということはよくあります。

もし条件に該当している方でこの保険の事を知らずに支払いを続けているなら、すぐに銀行に借主が死亡したことを伝えてください。

払ってしまった分は返金できる?

知らずに支払いを続けていた分については、基本的に全額戻ってきます。

また、団体信用生命保険で支払われたローン残額分のお金については、相続税の対象外となります。

団体信用生命保険に加入していない場合は?

では、非常にレアなケースになりますが、ローンの借主が団体信用生命保険に加入していない場合はどうなるでしょうか。

その場合、残された家族は名義を書き換えて住宅ローンを払い続けるか、残額を一括で返済するかを選ばなければいけません。

ローンを引き継ぎたくない場合は?

もし、ローンを引き継ぎたくない場合は相続の放棄を行う方法があります。

またその時に、相続する財産の合計がプラスになるのかマイナスになるのかわからない場合は「限定承認」という選択も取れます。

限定承認とは、相続する財産のうちプラスの分だけマイナス分(借金)を相続する方法です。

相続する財産を合計して債務の方が大きかったとしても、そのマイナス分は放棄できるのです。

もしもの時に困らないために

これらの情報は住宅ローンの契約時に説明してくれる銀行も多いですが、銀行員の話をあまり真剣に聞いていなかったり忘れていたりして、実際その状況に置かれて困っている人もたくさんいます。

もしもの事があったときどうするのか、一度家族で話し合ってみてください。

遺言書を作成するのがおすすめですが、まずは簡単なメモ書きでもいいので、例えば家の権利書などと一緒にまとめておくと、いざというときに安心かもしれませんよ。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。