遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

「墓じまい」は地方から都会への「お墓の引越し」

地方の納骨堂や霊園では年々、お墓の空きが目立ってきています。

かつて申込みをしたときは、面倒な審査書類を提出しなければいけなかったり、近くの霊園は既に予約がいっぱいで、やや遠くの霊園を探した方もいることでしょう。

自分のご先祖さまのお墓がある霊園で空きが増える光景は、年配の方にはちょっと寂しく感じるかもしれませんが、無縁墓へ移しているわけではありません。
むしろその逆で、管理がしやすい自宅近くの納骨堂や霊園に、ご先祖様のお骨を移す「墓じまい」が進んでいるんです。
つまり、簡単に言えば「お墓の引越し」という事です。

墓じまいをする背景

家族が多く、子供や孫たちがお墓参りに連れて行ってくれる家庭がある一方、おひとり様でご先祖のお墓を守っている、中高年や高齢者もたくさんいます。

子供や孫たちがお墓参りに連れて行ってくれる家庭でも「今は子供たちがお墓参りに連れて行ってくれるけれど、いつまでも忙しい子供たちに迷惑をかけられない」「まして自分に万が一のことがあったら、お墓のことで子供たちに迷惑をかけてしまう」と心配している方も増えています。

この悩みはご先祖さまのお墓の管理だけではなく、自分のお墓の準備にも同様の事が言えるでしょう。
高齢の独身女性は墓友をつくり、子供に迷惑をかけない対策も取っているようです。

このようにできるだけ子供に迷惑をかけたくないという思いから、早いうちから「終活」を始める方が増えていて、その一環として、ご先祖様のお墓の引越し(墓じまい)をされる方が増えているんです。

そんなニーズに応えるべく、「墓じまい」を提案している葬儀社も増えています。

墓じまいのサービスを受けるための必要な手続きは?

葬儀社が提供するプランは複数用意されていますが、高齢者にも分かりやすい一律料金のプランが人気があります。
いずれにせよどのプランも、サービス申し込み後は基本的には何もする必要はありません。

古いお墓からの遺骨の取り出し、霊園やお寺への交渉と必要な手続き、古いお墓の改葬の手続きや撤去工事など、必要な手続きをすべて代行してくれます。
取り出したお骨は、新しい墓地へ送り届けてくれるという便利なサービスです。

墓じまいをするにあたって事前にやるべき事

自宅近くの新しい墓地探し

墓じまいのサービスを利用する前に自分自身で行うことは、現在の住まいの近くに管理しやすい新しい墓地を探しておき、住職さんに事情を伝えておくことだけです。
もしお付き合いのある寺院がなく、新しい墓地をどうやって探せばいいのかわからない場合も、葬儀社が相談にのってくれます。

お墓の引っ越しにかかる費用ってどのくらい?

お墓の引っ越しにかかる費用は、おおよそ30万円ほどです。
お墓の場所や大きさによっては、多少の追加料金が発生する場合がありますので確認しておきましょう。

また、墓じまいで檀家をやめる際に住職に「離檀料」を支払う場合もあります。
料金はお付き合いの長さやお墓の大きさなどにより異なりますので、事前に確認しておきましょう。
ここ近年墓じまいをする件数が増え、経営を維持するために法外な離檀料を請求されたというケースもあります。

「墓じまい」のタイミング

地方のお墓の清掃管理を請け負うサービスも人気がありますが、やはり行けるときは定期的にお参りもしたいですよね。
もしあなたが毎年お盆とお正月に高い交通費と時間をかけてお墓参りをしていて、ちょっと重荷になってきたと感じているなら、そろそろ「墓じまい」を考えてもいいかもしれません。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。