遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
生計を一にするの判断基準とは?

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準

遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。

「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援助を一方が他方に与えていれば、これに該当します。

例えば、単身赴任で別居していたり療養のため入院していたり勉学のために入寮していたりしても、生活費や入院費や勉学費の援助が経常的に行われていれば、生計を一にしている状態に該当します。

親族が同一の家屋に居住している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

小規模宅地等の特例の要件の一つ「生計を一にしている事」

相続税の減額対象として「小規模宅地等の特例」がありますが、この時、特例が認められる条件の一つに、生活を一にしていることが求められます。

小規模宅地等の特例とは、被相続人等が住んでいた住宅の土地や事業を営んでいた土地のことで、生計を一にしていた相続人の居住継続や事業継続を守るために、土地の評価額が減額されて相続税が課税される制度の事です。

小規模宅地等の特例を適用すると、最大で8割の減額がありますので、極めて重要な規定であり見逃せないものといえます。

「小規模宅地等の特例」の一部に、「特定居住用宅地等」があります。

小規模宅地等の特例の適用対象には各種ありますが、被相続人等が住んでいた住宅の土地などに対して評価額を減額するのが「特定居住用宅地等」の規定です。

特定居住用宅地等の規定が適用されるのは誰?

この規定が適用されるのは、被相続人の配偶者および同居親族です。

同居親族であれば生計を一にしていた事になります。

もし、被相続人の配偶者も同居親族もいない場合、条件次第で「別居していた持ち家なき親族」がこの規定適用になることもあります。

同居親族の場合の条件が複雑ですのでもう少し詳しく説明しますと、同居親族は相続税申告期限まで所有し住み続けている必要があります。相続税申告期限までに売却したり転居すると評価額の減額がなされません。

別居していた持ち家なき親族が相続税の減額対象になるためには、「被相続人が死亡する以前の3年以内に日本国内にあるその親族又はその親族の配偶者の所有する家に住んだことがなく、相続税の申告期限までに所有していること」が必要です。

この場合は、そこに住んでいることは条件になっていません。

小規模宅地等の特例を適用できるか不安な方は専門家に相談を!

小規模宅地等の特例は最大で評価額が8割も減額になる可能性のある特例の規定ですが、その条件は複雑で難解な部分もあります。自分が該当しそうな場合には、税理士に相談した方が良いでしょう。

法律の文面を読んだだけでは正確な意味を理解できない場合があり、手続きの際に不備があると大きな損失に繋がる可能性があます。

適用できるかどうかを慎重に判断する事が大切です。

小規模宅地等の特例は節税対策として有用な規定なので、適用条件をよく理解し、専門家へ相談する事も念頭に置いておくといいでしょう。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。