遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

「墓友」が流行ってるって言うけど墓友って何?

ガイヤの夜明け「素敵な人生の締めくくり方~注目高まる”終活”ビジネスの今~」でも紹介されていた「墓友」。
「終活」という言葉に続き墓友という言葉が浸透してきた今日ですが、実際に墓友とはどんなものか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは墓友とは何かと、墓友のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

義理両親と同じ墓に入りたくない、お墓に一緒に入る人を自分で選びたい

熟年離婚が増え続ける昨今、義理両親と同じ墓に入りたくないと考える女性が増えています。
特に夫が先だってしまい、一人で姑の面倒をみている女性にこのように考える方が多い傾向があります。
また、離婚したいほど夫や姑との仲が険悪ではないとしても、最後は自分の地元に戻りたいと考えている方も多いようです。
昔はこんな願いを口にすることは許されない雰囲気がありましたが、少子高齢化が進んだことにより「家族」のあり方も変わってきたようです。

高齢の単身女性が墓友の活用を考える理由

女性の平均寿命が男性より長いこともあって、特に単身の女性の高齢者の間で、終活について考える方が増えています。

健康に長生きをしたら自分が亡くなる時、夫も姑ももうこの世にはいません。
子供たちにはそれぞれに自分の生活がありますし、自分が夫や夫の家族のことでたくさんの苦労をしてきた分、子供たちには迷惑をかけたくないと考えます。
そんな女性たちにとって死後の墓管理全てを運営元に委任する共同墓は、心強く魅力的な存在と言えるのでしょう。

かといって、知らない土地の縁もゆかりもないお寺や納骨堂に、ひとりで入るのはなんだか寂しいですよね。
こうして同様の気持ちでいるシニアの既婚女性・単身女性たちの間で「墓友」が急増しました。

お墓をシェアする墓友はどんな関係の人とシェアするの?

墓友とは、文字通り、親しい友人・知人同士で同じお墓に入ることです。
友達といってもいわゆる「昔からの親友」ではなく、老人ホームや社交ダンスや俳句、盆栽といった趣味サークルで知り合ったご近所の方が多い傾向があります。
子ども達は驚くかもしれませんが、高齢の母親の願いに強く反対することも少ないようです。
まして、子どもがいない単身者のシニア女性同士であれば、本人たちが納得していれば何も問題はありません。
生きているうちは法律上の縛りがいろいろとありますが、死後に関しては法的な縛りはありません。
ですから、義理両親と同じ墓に入りたくないなら入らなければならない理由はないのです。

墓友のメリットとは

無縁仏が減少する可能性がある

先祖代々の墓を受け継いでいく子ども世代が少子化の影響で減少しています。
墓を管理する人がいなくなり、無縁仏となるリスクが懸念されていましたが、墓友が浸透していくことでこのリスクが回避されるのではないか、という声もあります。

また、生涯未婚率が増加し孤独の中で高齢になる人が増えていく中、新しい墓の形として今後増加していくことが予測されています。

墓友での交友関係の幅が広がり、充実した老後の時間を過ごせる

永代供養の契約を交わし、共同でシェア墓(共同墓)を購入する事で、交友関係の幅が広がり老後の時間を親しい友人たちと共有しているようです。
これが終活をするシニア世代の女性にとって、墓友を作る一番のメリットといえるでしょう。

墓友のデメリットとは

シェア墓を誰が供養するのか

上記のようなメリットもありますが、後々のことまできちんと考えてから決めることが大切です。
お互いに生きているうちはいいですが、必ずどちらかが先に亡くなります。
その後、残った方は先に逝った友達の供養をしなければいけません。
そして、結局はだれかが最後に一人で逝くことになるのです。
友達になるときは誰も「自分が最後のひとり」になるとは考えていないでしょう。

また、全員が亡くなった後は誰が供養をするのかも考えておく必要があります。
本人は子どもに迷惑をかけたくないと思っていても、子どもは親の供養をしたいと思っているかもしれません。

また、知らない人と同じお墓では何かと気を遣います。
子どもにいっさいの迷惑をかけないように永代供養を申し込む方も多いようですが、きちんと家族と話し合い、できるだけお互いに納得する形で終活を進めたいですね。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。