遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
老後破産

【終活】老後破産しないよう安心して老後を迎えるために!

日本では以前にも増して、ますます少子高齢化が進んでいます。

少子化の影響で年金の財源を支える若年層の減少もあり、年金だけで老後の生活費を賄っていける世帯はそれほど多くはありません。

多くの世帯では、現役時代に老後の資金として蓄えていた預貯金を切り崩し、生活費を補充しながら生活を送っています。

終身雇用制度が崩壊し、年齢が上がると収入も増えていた時代が終わりを告げた社会では、老後破産に陥ることのないようにしっかりと老後の資金を貯めておく必要があります。

しかし、たとえ年収が高く老後資金の貯蓄も十分貯めたからといって楽観的になっていると、思わぬ事態を招いてしまう場合もあります。

なぜなら老後破産の原因は、退職後の収支のバランスが崩れてしまうことに起因するからです。

そしてその一番大きな要素となっているのが、計画性のないお金の使い方です。

【老後破産の原因①】計画性のないお金の使い方

現役を退いてからも以前と変わらぬ出費を続けていますと、いくらお金があっても足りなくなります。

そのため引退後の生活が始まったら、それに合わせて金銭感覚も改める必要があるでしょう。

その事実に気づく事さえできれば、準備次第でリスクを大きく減らす事も可能になります。

【老後破産の原因②】住宅ローンの支払いが退職後まで続く事

住宅を購入する際は定年後を見据えて計画を立てる事が必要です。

20代に結婚する人が多かった世代ではマイホームの購入時期も比較的早い傾向にあったため、たとえ35年のローンを組んで購入しても、定年退職を迎える前に返済は終了していました。

しかし晩婚化が進んだ世代では、30代から40代になってからマイホームを購入する人も珍しくはありません。

それから長期ローンを組む事になると定年前にローンの返済を完了することが難しく、年金生活に入ってからも払い続ける事になってしまいます。

これは老後の生活費を大きく圧迫する要因となってしまうので、住宅の購入の際には十分に考慮し、無理のない計画を立てる事が大変重要になってきます。

【老後破産の原因③】年齢が高くなるにつれて増える医療費

年齢が高くなると増加する出費の代表的なものとして、医療費が挙げられます。

高齢者にかかる医療費は現役世代よりも優遇されてはいるのですが、医療機関を利用する頻度が高まるため、出費の増大は確実です。

医療費に関しては、入院や手術の際に給付金が出る保険に加入するなどして備えておくと負担を軽減する事ができます。

【老後破産の原因④】退職金の減少、リストラ、減給

退職金も年々減少傾向にあり、また、社会の経済情勢も悪化していることから、予期せぬリストラや減給という事態も起こりえます。

「老後はまだまだ先のこと」と安心せず、若いうちからしっかりとしたビジョンを持って準備を進めることで、安定した老後を送る事が可能です。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。