遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

故人の財産には借金も含まれる!?相続放棄をするという選択肢

故人の生前の暮らしぶりを知っていれば話しも早いのですが、少し遠方にいたり込み入った話しをせずにいたりすると後々になって相続をする時に不都合が起こってしまいます。

時に被相続人が残した財産に負債項目がある時です。

相続財産には預貯金や不動産などのプラス項目もあれば、借金やローンなどのマイナス項目もあるということを忘れてはいけません。

大前提として、プラス項目だけを相続するというようなことは出来ませんので、マイナス分も含め全てを受け入れるか、プラスになる時だけ受け入れるのか、全く受け入れないのか、その3つから選択することになります。

相続するかしないかをまずは考える

まずは被相続人に関する財産をプラス項目とマイナス項目と調べる必要があります。
と言うのも、最終的にその判断が行えるのは相続を開始されたことを知った時から3ヶ月以内とされているからです。
この期限が短いのは、債権者の権利保護という側面もあって、相続人にいつまでも意思をはっきりさせずに相続するしないを曖昧にさせないためです。
その意味でも残された財産の確認を急ぐ必要があるのです。

まずは調べ方として、身の回りから借金の有無の確かめます。
生前の住まいなどに残された権利関係を示す書類を探しましょう。
動不動産関連、預貯金、保険、株などプラス項目だけでなく、支払い途中になっているものや未払いのまま放置されている債務がないのか大まかに調べていきます。
特に郵便物などの中に督促状や請求書などが含まれていないか注意します。

次に通帳の記帳内容を確認します。
必要があれば記帳して、資金の流れを見てみましょう。
税金や新聞など銀行引き落としになっているものなどが分かるはずです。

最後に個人信用情報の開示請求を行います。
ここでは公的な銀行や信用金庫などからの借金だけでなく、クレジットカード会社や消費者金融など貸金業者からの借り入れの有無も知ることができます。

このようにして、被相続人の財産を調べていきます。
その上で、相続放棄を行なうと判断した場合は、故人の住民票があった地域を管轄している家庭裁判所に必要書類を提出することになります。

相続放棄申述書をはじめとして、故人の戸籍謄本などの添付書類をそろえれば手続きそのものは素人でも簡単に行えます。
繰り返しになりますが、原則として相続放棄は3ヶ月以内と期限が決められています。

相続放棄すればその分の債務は減るの?

相続することになる人が複数いる場合、相続放棄をした人がいても、その分の債務はなくなりません。
例えば600万円の債務を子ども3人で相続する場合、1人200万円ずつ支払うことになります。
しかし、そのうちの1人が相続放棄したら残りの2人で600万円の債務(1人300万円ずつ)を支払うことになります。

相続放棄で相続人全員が債務から逃れる方法

上記で債務はなくならない、と述べましたが、実は相続人全員の支払い義務をなくすことはできます。
相続人全員が相続放棄をすれば良いのです。
ただ、相続放棄をすると債務から逃れられるだけではなく、財産の相続もできなくなります。
相続放棄する前に必ずプラスの相続とマイナスの相続を確認しておきましょう。

相続人全員が相続放棄したらどうなるの?

全員が相続放棄した場合には、相続人がいないこととなります。
これを相続人不存在と言います。

この場合には、利害関係人(被相続人の債権者、特定遺贈を受けた者、特別縁故者など)などの申立により、家庭裁判所によって選任された相続財産管理人が、相続財産の管理をおこないます。
被相相続人の子ども全員が相続放棄した場合、被相続人の直系尊属(父母、祖父母)、兄弟姉妹(または、その代襲者)が順位が高い人から相続人となります。
後でトラブルにならないよう、相続放棄する前に誰が相続人となるのかもチェックしておきましょう。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。