遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

相続人が海外にいたら、遺産相続はどうすればいいの?

相続人が海外にいても、日本で相続税の申告をする必要があります。

相続税は、亡くなった方が住んでいた場所の所轄の税務署に申告しなくてはなりません。
たとえ、相続人が海外に住んでいたとしても、亡くなった方が日本に住んでいたのであれば、日本国内の税務署に申告をしなくてはなりません。

海外にいる相続人は、どうすればいいの?

相続人が海外にいる場合は、サイン証明書と、在留証明書を取得する必要があります。

なぜサイン証明書が必要なの?

相続が発生した場合、被相続人の財産をどのように分割するか、相続人間で協議します。

協議がまとまったら、遺産分割協議書を作成します。

作成した遺産分割協議書に、相続人全員の署名と、実印による捺印が必要です。

また、印鑑証明書も必要となります。

海外にいる方は、住民票が無いので、印鑑証明書も発行してもらえません。
また、海外では印鑑は使用されず、サインをするのが一般的です。

印鑑証明書を提出する代わりに、サイン証明書を取得する必要があります。

なぜ在留証明書が必要なの?

遺産分割協議書を作成するに当たり、相続人すべての方の住所を証明する書面が必要となます。
住民票があれば、それで住所を証明できますが、海外にいる方は住民票がありません。
そのため、住民票の代わりに、在留証明書を取得しなくてはなりません。

サイン証明書と在留証明書は、どうやって取得するの?

サイン証明書と在留証明書は、海外にいる方が住んでいる現地の日本領事館で発行してもらいます。

相続の場合、遺産分割協議書にサインする必要があるので、領事館に分割協議書を持参して、領事館でサインをして、サイン証明書を発行してもらいます。

また、遺産分割協議書の作成にあたり、在留証明書も必要です。
在留証明書も日本領事館で発行してもらえますので、通常はサイン証明書と一緒に発行してもらいます。

領事館には、何を持っていけばいいの?

在留証明書を発行してもらうには、日本国籍であること、もしくは3カ月以上海外に滞在していて、発行してもらう時点でも海外に居住していなければいけません。

それを証明できる書類を持っていく必要があります。
パスポートや日本の運転免許証を持っていきましょう。

相続人が海外にいる場合の注意点

相続人が海外にいる場合、遺産分割協議書を海外に送って、日本領事館で必要な手続きをして、また日本へ送り返してもらうという作業が必要となります。
そのため、通常の相続の手続きよりも、時間を要することになります。

相続税の申告期限は?

相続税の申告期限は、相続開始から10か月以内です。
海外とのやり取りなどが滞ってしまいますと、期限内の申告が難しくなる場合があります。

そのため、できる限りスムーズな遺産の分割ができるように、相続人同士で連絡を取り合うことも必要ですし、できれば専門家の手を借りて行う事をお奨めします。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。