遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
相続税申告で必要な書類

相続税申告に伴う必要書類はたくさん?

相続税申告時に、必ず必要な書類は、法律上はあまり多くありません。
しかし、実際には、かなり多くの書類の添付を税務署から求められます。

相続税申告に伴う必要書類【被相続人と相続人の関係を示す書類】

まずは被相続人と相続人の関係を示す書類について詳しく解説していきます。

戸籍謄本

・亡くなった方(被相続人)の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本

被相続人の戸籍謄本は、被相続人の本籍地を治める区役所や市役所で入手することができます。

相続人全員の戸籍謄本も必要になるので、各自取得をしてもらいましょう。

遺言書(または遺産分割協議書)

次に、遺言書がある場合はその写しを提出します。

遺産分割協議書の場合も写しを提出します。

遺言書または遺産分割協議書があって、はじめてどの相続人にいくら財産が譲り渡されるのかがわかるので、重要な書類といえます。

併せて、相続人全員の印鑑証明書が必要です。

印鑑証明書に押印する印鑑は、遺産分割協議書で使用したものと同じである必要があります。

本籍地が記載されている住民票も相続人全員分提出します。

被相続人と相続人の経歴書も出します。

相続時精算課税制度を適用する場合

・贈与された人と被相続人の戸籍の附表

相続時精算課税制度を適用する場合は、贈与された人と被相続人の戸籍の附表を添付します。

ここまでが被相続人と相続人の関係を示す書類です。
これらは必ず提出して下さい。

相続税申告に伴う必要書類【不動産相続に関する書類】

不動産を相続する場合は、土地や建物の登記簿謄本(全部事項証明書)に始まり、公図、地積測量図、住宅地図、間取り図などを用意します。

不動産の権利関係や所在地を確認するうえで、欠かせない書類です。

固定資産税評価証明書と名寄帳(固定資産課税台帳)も取り寄せます。

ここに載っている評価額は、税金を課す際の基準額になるものです。

それから貸地、貸家、借地の場合は、賃貸借契約書を提出します。

相続税申告に伴う必要書類【保険に関する書類】

保険に関する書類も忘れてはいけません。

保険金支払通知書や生命保険の保険証書のコピーなどが必要です。

相続税申告に伴う必要書類【その他の書類】

相続財産が現金や預貯金の場合は、預金残高証明書と被相続人と家族全員の過去の預金通帳のコピーが必要です。

その他、有価証券の残高証明書、保護預かり証などがあれば添付します。

価値のある家財や書画・骨とう品などを被相続人が所有していた場合は、明細書や写真なども添えましょう。

葬儀にかかった費用などの書類のうち領収書の発行されないものは必須ではありませんが、あれば併せて添付します。

これらの財産に関する書類は、相続税申請時に必ず付けなければいけないわけではありませんが、後で税務署から問い合わせが来ることもあるので、あらかじめ添付しておきましょう。

相続税の申告期限

なお、相続税の申告期限は、被相続人がなくなった翌日から10ヶ月以内となっています。

期限を過ぎると、罰則(延滞税など)があるので注意しましょう。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。