遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

相続財産ではないのに相続財産として税金がかかる「みなし相続財産」って何?

相続財産とは何か

民法では被相続人が死亡した時に、被相続人に帰属していた全ての権利義務を相続財産といいます。
例えば被相続人名義の不動産、預貯金、株などのプラスの財産にあたります。
プラスの財産だけではなく、マイナスの財産である借入金なども相続財産となります。

一身専属権は性質上被相続人にのみ帰属するため、相続財産から除かれる

先ほど被相続人に帰属していた一切の権利義務が相続人へ承継されると説明しましたが、一身専属権については承継されません。

一身専属権とは下記のようなものになります。

この一身専属権はその権利の性質上被相続人にのみ帰属する為、相続人には承継されません。

相続財産ではないのに相続財産となる「みなし相続財産」

「みなし相続財産」とは相続開始時に被相続人に帰属していた財産ではないものの、相続開始によって発生し、税法上の相続財産とみなして取り扱われるものを指します。

具体的には、生命保険金や死亡退職金などがあります。

生命保険金の取扱い

生命保険による死亡保険金とは、被相続人の遺産ではなく生命保険契約において受取人として指定されている人が契約によって取得する財産になります。
死亡保険金は、「保険契約者」「被保険者」「保険受取人」がそれぞれ誰であるかによって税金計算が異なります。

受取人以外の人が保険料を支払っていると、相続税または贈与税がかかります。
相続税がかかるのは「被相続人が保険料を支払い、法定相続人が受取人」の場合です。

また「被相続人ではない第三者が保険料を支払い、被相続人を被保険者としている」という場合には、「被保険者である被相続人の死亡により、保険料負担者以外の受取人が受け取る死亡保険金」には贈与税がかかります。

【死亡保険金にかかる税金】

契約形態 契約者 被保険者 死亡保険金
受取人
税金の種類
契約者と被保険者が同一人物の場合 A
(例)夫
A
(例)夫
B
(例)妻
相続税
契約者と受取人が同一人物の場合 A
(例)夫
B
(例)妻
A
(例)夫
所得税
契約者、被保険者、同一人物の場合 A
(例)夫
B
(例)妻
C
(例)子
贈与税

※所得税の課税対象になる時は、住民税の課税対象にもなります(以下同様)。

相続税がかかる生命保険金には非課税枠がある!?

受け取った死亡保険金が各相続人の非課税限度額以下であれば、死亡保険金に相続税はかかりません。

各相続人の非課税限度額の算出方法は次の通りです。

法定相続人の中に実子と養子がいる場合には、養子が複数人いたとしても、相続人の数には1名まで、実子がいなかった場合には2名までしか入れることはできません。

相続税がかかる死亡退職金にも非課税枠がある!?

被相続人の死亡後3年以内に被相続人の死亡によって支給が確定した退職手当金や功労金もみなし相続財産となります。

こちらの非課税枠も生命保険金と同じ計算式です。

会社の定めた定年退職の日まで勤続した人に対しては退職金が支払われますが、その前に亡くなってしまった場合には、遺族に対して死亡退職金が支払われる場合があります。

死亡退職金は被相続人の亡くなった後に発生した財産ですが、被相続人の生前の労働によって発生した財産なので被相続人の遺産として取り扱われる為、みなし相続財産として取り扱われます。

死亡退職金について詳しくはこちらをご参照下さい。

みなし相続財産は相続税の節税になる

生命保険金には非課税枠が設けられています。

仮に手元に500万円の現金があり、そのまま相続を迎えた場合には、現金500万円は相続財産として税金がかかります。

しかし、加入条件を満たしており、現金500万円で保険支給額500万円の生命保険金に加入した場合は、現金500万円が非課税枠適用となる生命保険金に切り替わり、相続財産としての計上を回避することができます。

平成27年度から相続税法が改定となり、基礎控除額が6割縮小されたことによって相続税の申告が必要となる人が増えてきました。

また、相続税率が引き上げられ、取得する財産が目減りすることもあり、相続についての状況が変わってきています。

相続で後悔しないためにも、一度事前にみなし相続財産について専門の機関で相談をしてみて下さい。

相続に必要な書類はどのくらい?

相続に必要な書類は相続の状況により異なります。

必要書類が多い上に期限内に書類を集めて作成し、窓口へ提出する必要があります。

その時に必要事項の記入漏れなどがあり再作成、再提出をしなければならないとなると多くの時間や手間がかかります。

しかも役所は平日のみ対応なので、平日に仕事をしている方が相続手続きをしなければならない場合、仕事を休んで手続きをする必要があります。

また、相続手続きは煩雑で、手続き方法を調べながら手続きを行うのは大変です。

そんな相続手続きを相続に関するプロ集団、相続専門チームが支えます。

委任状へのご捺印のみ頂ければ、集めた書類の作成代行や窓口への提出まで、一括代行致します。

お申込み前に、まずは資料ダウンロードでワンパック相続の良さを知って下さい。

下記のフォームに必要情報を入力後、資料をダウンロードする事ができます。








この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。