遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
終身保険で500万まで節税できる

終身保険(生命保険)のメリット・デメリットは?

相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。

そのような意見や疑問への回答も含めて、ここでは相続税対策として終身保険を利用するという方法のメリットとデメリットについて紹介していきます。

終身保険で節税対策するメリット

【終身保険で節税対策するメリット①】法定相続人の数×500万円まで非課税

まず、第一のメリットとして、被相続人が死亡した後に相続人が受取る死亡保険金に対しては、非課税限度額まで税金がかからないという点があげられます。

具体的には、全ての相続人が受け取った生命保険金の合計額のうち、法定相続人の数×500万円が非課税となります。

相続税の基礎控除額が引き上げられた昨今、今まで相続税を払わないで済んでいた人達までが支払わなければならない、という事態に陥っている中で大きな税制上のメリットになると言えるのです。

【終身保険で節税対策するメリット②】死亡保険金はすぐに支払われる

第二のメリットとしては、被相続人が死亡した後に「死亡保険金が受取人に対して直ぐに支払われるものである」という点があげられます。

死亡保険金がすぐ支払われるのがメリットになる理由は、「被相続人が死亡した後、10ヶ月以内に相続税を支払わなければならない」からです。

相続税の申告をするほどの財産を所有している人なら税金を支払うくらい簡単なのではないかと思われる人もいるかもしれません。

しかし、被相続人が多くの金融資産を持っていたとしても、銀行などの金融機関は、現金を預けている名義人が亡くなると口座を凍結してしまうので、しばらくの間引き出せなくなります。

そのため、たとえ葬儀費用に必要なお金だとしても相続人がそこから勝手にお金を引き出す事はできないのです。

また、被相続人が不動産を保有していたとしても不動産を売却するにはかなりの日数を要する事になります。

その上、相続争いなどが起きている場合にはそれが解決するまで被相続人の財産は処分できないという事になってしまいます。

そのため被相続人の死亡後にすぐ現金が調達できるということは、相続税の支払いの際に大きなメリットになるわけです。

終身保険で節税対策するデメリット

次に相続税対策として終身保険を利用する事のデメリットについて紹介していきます。

【終身保険で節税対策するデメリット①】保険料が高い

定期保険と違い、積み立て部分があるため保険料が高い事があげられます。
そのため加入する際は自分の生活に支障が出ないよう金額を設定する必要があります。

【終身保険で節税対策するデメリット②】途中で保険の見直しがしにくい

一度契約してしまうと途中で保険の見直しがしにくいので、契約前に生活にかかる金額をしっかり試算する必要があります。
払い込み満了期間までに解約してしまうと多くの保険は元本割れします。
保険は「貯金」ではなくあくまで「保険」なので、高額な保険料を支払い続けられる見込みがない場合は金額を低く設定したり、他の節税対策を検討しましょう。

【終身保険で節税対策するデメリット③】相続税がかからないケース

もともと被相続人の財産がそれほど多くない場合には最初から相続税がかからないという事になります。

したがって、被相続人の財産が多くない場合は死亡保険金が非課税であってもそれほど大きなメリットにはならないと言えます。

まとめ

どんな方法で節税対策をした方がより節税に繋がるのかは、人それぞれ状況によって異なります。

選択肢が多く、自分では決められない場合は税理士さんなどに相談してみるといいですね。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。