遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
相続人は遺言執行者になれる? 遺言執行者をたてるメリットは?

実は重要?遺言執行者とは?

自分の財産を希望通りに分配したいと考えているとき、決めておきたい内容の一つが遺言執行者です。
書面で、誰にどの財産を譲り渡したいかを記載しておくだけでは、実際に相続人の名義に変えるときに面倒なことになる可能性があるためです。

遺言執行者というのは、遺言の内容を正しく履行するために一定の範囲の権利を与えられている人のことです。
相続人や身近な第三者を指定することもできますし、弁護士や司法書士といった有資格者に依頼することも可能です。

遺言執行者をたてるメリット

遺産を相続する人全員の代表者又は代理人という立場になりますので、本来ならば全員で手続きをしなければならないような内容でも、執行者一人で進めることができます。

例えば、預貯金の解約をしたい時、誰に渡すかを明記されていない場合の不動産の所有権移転登記手続きを行う時、生命保険の受取人の指定変更など、一般的な家庭でもきちんと代表者を決めておいた方がスムーズに手続きを進められる内容はたくさんあります。

特に、地方から子どもたちが上京したり転勤したことにより、相続をする人が遠方で離ればなれになっている場合には、動きやすい人を一人代理人として決めておくことで、遠方から書類をやり取りしたり、手続きのためにわざわざ集まる手間を省くことができます。

ただし、中には代理人を決めていても全員の手続きが必要になるものもありますので、まずは一通り窓口でどのような手続きや書類が必要なのかを確認して、用意すべきものをリストアップして連絡をしたほうが良いでしょう。

ちなみに、誰も代表者として指定されていない場合には、相続人などの利害関係人が裁判所に申し立てることによって、代表者を選ぶこともできます。

ただし、代表者を決めるまでの手続きが面倒ですし、時間もかかりますので、将来迷惑をかけずに遺産を渡したいと考えている場合には、きちんと書類に記しておいた方が良いでしょう。

確実性が最も高い遺言書「公正証書」

遺言書のなかでも、確実性が最も高いのが公正証書によるものですが、これは公証人が内容をきちんと確認してから作成しますので、手続きを行う上で誰を指定するのか聞かれます。
また、立会として第三者を2名入れる必要がありますが、公証人に立会人の紹介を依頼すると、弁護士や司法書士、またはその事務所に勤務している者などを紹介されることが多いです。
将来的にトラブルを減らしたいと思ったら、立会をして内容を理解している法律の専門家に依頼しておくのもよいでしょう。

この記事のキーワード




関連する記事


相続お助け110番
相続専門の税理士チームが執筆・監修を行っています。