遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

生命保険の死亡保険金を受け取りたいのに保険会社がわからない!被相...

死亡保険金を受け取れない!保険会社がわからない!被相続人の財産の確認方法とは? 相続を始める初期段階としてまず必要になるのが被相続人の財産を調査することです。 遺産分割を行ってその協議書をまとめ、財産を受け取ってそれに応じた相続税を納めるという一連の流れを行う出発点として、相続財産を明確にし

家族に迷惑を掛けない!相続税の節税に有効な生命保険の掛け方...

家族に迷惑を掛けない!相続税の節税に有効な生命保険の掛け方 年を重ね高齢になってくると気になってくるのが遺産の問題です。 遺産の円滑な分割と、税金への対応が必要になります。 節税対策の一つとして一般的に知られているのが生命保険です。 今回は生命保険を利用した具体的な節税対策をご紹介し

  •  2016年11月22日
  • |
  •  357
  • |
  •  節税

銀行預金口座が凍結するタイミングは?凍結された銀行預金口座から遺...

預金が凍結されたらどうすればいい?遺産を相続する方法 被相続人が死亡した場合、口座預金は金融機関の判断で凍結されてしまいます。 つまり、通帳や印鑑、カードを持っていても払い出しや解約をすることができません。 被相続人の口座が凍結されるタイミングは? 口座が凍結されるのは、行員が新聞や顧客との

相続したら借金ができた!?もしもの時のために知っておきたい相続放...

相続したら借金ができた!?もしもの時のために知っておきたい相続放棄とは 相続をする時に対象となる資産は、現金や不動産といったプラスの財産だけではなく、住宅ローンなどのいわゆる借金や保証人としての立場などマイナスの財産も含まれます。 「プラスの財産が多くて相続税対策をしなくてはならない」という

相続放棄をする!故人の財産には借金も含まれる!?...

故人の財産には借金も含まれる!?相続放棄をするという選択肢 故人の生前の暮らしぶりを知っていれば話しも早いのですが、少し遠方にいたり込み入った話しをせずにいたりすると後々になって相続をする時に不都合が起こってしまいます。 時に被相続人が残した財産に負債項目がある時です。 相続財産には預

相続にかかる費用はどれくらい?

相続する時に発生する費用は何にどれくらいかかる?...

相続する時に発生する費用 家族が亡くなって、自分が相続をする時にはさまざまな費用が必要になります。 しかしながら、何にどれくらいかかる?と疑問に思う人も少なくないでしょう。 主なものとしては相続手続き費用があげられます。 これは主に登記や納税に関する手続きを行う時に発生する費

相続した家の賃料は支払うの!?相続開始後の賃料の支払い義務がある...

家賃の支払い義務がある場合も!相続開始後の賃料に注意 賃貸物件に住んでいた親族が亡くなってしまった際、その後も不動産会社との契約内容によっては賃貸物件を借りたままの状態になっています。 このような場合には相続人が賃料を支払わなければならない場合があるので注意が必要です。 他人から物件を借り

  •  2016年11月22日
  • |
  •  403
  • |
  •  不動産
共同相続の不動産を明け渡しできるのか?

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相...

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相続の注意点 共同相続とは、二人以上の法定相続人が共同で行う相続の事です。 二人以上で相続を行うなら心強い!と思う方もいるかもしれませんが、実は共同相続には後々揉めたり協議が長引いたりする要因があります。 例えば父親が亡くなった

  •  2016年11月22日
  • |
  •  348
  • |
  •  不動産

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できる?...

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できるか? 被相続人が生前に所有していた不動産に被相続人の兄弟が住んでいた場合、その不動産の相続人(例えば居住していない子供など)が立ち退きを要求出来るのでしょうか。 このケースのポイントは以下の2点です。 ①対象となる不動産が今は誰の所有物なの

  •  2016年11月22日
  • |
  •  360
  • |
  •  不動産

借地権を相続したらどうすればいいの?相続人になった時の注意点...

借地権は相続財産に含まれるの? 被相続人が賃貸物件に入居していたなど、借地権を持っている人が亡くなった場合、その権利も通常の遺産と同様に相続するものの対象となります。 一般的に借地権の相続に許可は必要なく借地の契約を行うこともないのですが、地主に報告する必要はあり、まれに更新料や承諾料を地主に払