遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
借地権の種類と評価方法

借地権とは

借地権とは、他人の土地に建物を建てて、地代を払って賃借して利用できる権利のことを言います。 借地権の種類 ①<旧借地法による借地権> 平成4年に廃止となった旧借地法の適用を受けている借地権を言います。 契約期間は、堅固建物は30年、非堅固建物は20年です。 当事者間の合意で、これよりも長く

  •  2017年5月30日
  • |
  •  197
  • |
  •  不動産
遺産分割の方法としての換価分割

遺産分割の方法としての換価分割

遺産分割の方法としての換価分割 相続があった場合には協議により遺産分割をします。 遺産分割による分配方法は三種類あり、現物分割、代償分割、換価分割です。 現物分割 現物分割とは相続財産ごとに相続人を決定する方法です。 例えば、相続財産が不動産A、不動産B、預金Cとあった場合に、不動産Aと不

  •  2017年5月30日
  • |
  •  267
  • |
  •  不動産

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ 親が所有している不動産を売却する場合、「親が生きている間に売却する」と「親の死後に相続して売却する」の大きく2つのケースがあります。 生前に親の介護費用や贈与などで子どもが親の不動産を売却することはありますが、親が重度の認知症を患っていて契

  •  2017年5月18日
  • |
  •  176
  • |
  •  不動産
契約者が志望した場合の住宅ローンの支払い

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要?

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか。 住宅ローンが払えずに、物件を手放すことを検討しているという人もいるのではないでしょうか。 しかし、払わなければいけないと思っている残された住宅ローンですが、

小規模宅地等の特例に関する申請書類

小規模宅地等の特例に関する申請書類の書き方

小規模宅地等の特例とは? 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 【小規模宅地等の特例の詳細はこちら】 小規模宅地等の特例を受けるための手続き 小規模宅地等の特例を受け

広大地評価を適用した場合の相続税の計算式

広大地評価はデメリットもある?広大地の相続税評価額の計算式と誤解を受けやすいポイントを解説!

広大地は土地の評価が低い 大きい土地は普通の土地に比べ、売る時にさまざまな制約やデメリットがあるので単価は安くなるのが一般的です。 では「具体的な制約やデメリット」とは何でしょうか。 広大地を売る時の制約やデメリットとは? 大きい土地を開発する場合を想定します。 100㎡の土地であ

広大地の評価を大きく下げて相続税を節税する方法がある!【広大地評価の利用】

広大な土地を所有している場合は適用を検討 被相続人が普通より広大な土地を持っていた場合には、一般的な広さの土地より低く評価する事ができます。 したがって、広大な土地を相続する場合、相続税の納税額が安くなり最大65%の節税が可能です。 広大地評価とは? 著しく地積が広大な土地(三大都市

  •  2017年3月29日
  • |
  •  487
  • |
  •  不動産
不動産の登録免許税の計算方法

不動産の相続時における登録免許税の計算方法とは?

不動産を相続した際、相続登記にかかる登録免許税とは? 不動産を相続した際には、相続税と登録免許税が課税される場合があります。 相続税は、被相続人の相続財産を取得する際に課税されるものです。(基礎控除あり) 登録免許税は、相続により取得した不動産を登記する際に課税されるものです。

  •  2017年3月25日
  • |
  •  633
  • |
  •  不動産
二世帯住宅の場合、小規模宅地等の特例は適用できる?

二世帯住宅の場合、小規模宅地等の特例は適用できるの?

小規模宅地等の特例とは 不動産の相続において、相続税が大幅に減額される「小規模宅地等の特例」という制度があります。 特定居住用宅地等に該当する場合は、330㎡まで不動産の相続税評価額が80%減額されます。 そのため個人の不動産の相続においては小規模宅地等の特例を適用するのがお勧めです。

小規模宅地等の特例

不動産を相続する時の【土地の評価方法】と【小規模宅地等の特例】

不動産を相続するにあたってよくある相続トラブル 遺産相続の際に相続人が複数存在する場合、最も争いの種になりやすいのが不動産の相続です。 一般的に相続する財産の中でも不動産は高額です。また、全く同じ土地が存在しないため個別性が強いことから、査定の方法によって評価額が変わります。 相続税の視点

  •  2017年1月25日
  • |
  •  375
  • |
  •  不動産