遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
不動産の登録免許税の計算方法

不動産の相続時における登録免許税の計算方法とは?

不動産を相続した際、相続登記にかかる登録免許税とは? 不動産を相続した際には、相続税と登録免許税が課税される場合があります。 相続税は、被相続人の相続財産を取得する際に課税されるものです。(基礎控除あり) 登録免許税は、相続により取得した不動産を登記する際に課税されるものです。

  •  2017年3月25日
  • |
  •  1619
  • |
  •  不動産
二世帯住宅の場合、小規模宅地等の特例は適用できる?

二世帯住宅の場合、相続税を大幅に減額できる小規模宅地等の特例は適用できるの?

小規模宅地等の特例とは 不動産の相続において、相続税が大幅に減額される「小規模宅地等の特例」という制度があります。 特定居住用宅地等に該当する場合は、330㎡まで不動産の相続税評価額が80%減額されます。 そのため個人の不動産の相続においては小規模宅地等の特例を適用するのがお勧めです。

  •  2017年3月2日
  • |
  •  32326
  • |
  •  不動産
小規模宅地等の特例

不動産を相続する時の【土地の評価方法】と【小規模宅地等の特例】

不動産評価額が巻き起こす相続トラブル 遺産相続の際に、最も争いの種になりやすいのが不動産の相続です。 不動産は相続財産の中で高額な場合が多く、個別性が強いことから、評価額にバラつきが生じやすい特性があります。 相続税負担を考えると、税金計算上の評価額は不動産売買価格よりも低く計算される

  •  2017年1月25日
  • |
  •  1389
  • |
  •  不動産
小規模宅地等の特例は建築中でも適用できる?

小規模宅地等の特例は家を建築中でも適用できるの?

小規模宅地等の特例ってどんな制度? 小規模宅地等の特例とは、相続が始まる直前に被相続人等の居住用または事業の用に供されていた宅地等の相続税評価額を50%又は80%減額できる制度です。 【小規模宅地等の特例とは】 宅地に家を建築中でも小規模宅地等の特例が適用されるの? 小規模宅地等の特例は

  •  2017年1月25日
  • |
  •  2372
  • |
  •  不動産

相続税の払いすぎに注意!プロに頼んだ相続税の申告でも税金が戻ってくるかも!?

相続税の払いすぎに注意!相続税の還付が出来るかも!? 相続税を払った人の中で、払い過ぎている可能性があるという事をご存知ですか? 特に相続税を払いすぎている可能性が高いのは土地を相続した方です。 では、なぜ過払いが生じるのでしょうか。 土地の評価は税理士に依頼するのが一般的ですが、実

  •  2016年12月16日
  • |
  •  681
  • |
  •  不動産

賃貸物件に住んでいた身内が死亡!?相続開始後の賃料は誰が払うのか

家賃の支払い義務がある場合も!相続開始後の賃料に注意 賃貸物件に住んでいた親族が亡くなってしまった際、その後も不動産会社との契約内容によっては賃貸物件を借りたままの状態になっています。 このような場合には相続人が賃料を支払わなければならない場合があるので注意が必要です。 他人から物件を借り

  •  2016年11月22日
  • |
  •  971
  • |
  •  不動産
共同相続の不動産を明け渡しできるのか?

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相続の注意点

相続財産に不動産があるとかなりの割合で共同で相続をします。これって本当に賢い分け方? 共同相続とは、二人以上の法定相続人が共同で行う相続の事です。 二人以上で相続を行うなら心強い!と思う方もいるかもしれませんが、実は共同相続には後々揉めたり協議が長引いたりする要因があります。 例えば父親が

  •  2016年11月22日
  • |
  •  820
  • |
  •  不動産

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できる?

死亡した両親の家に住み続ける姉に立ち退きを要求できる? 被相続人が生前に所有していた不動産に被相続人の子供が住んでいた場合、その不動産の相続人(例えば居住していない子供など)が立ち退きを要求出来るのでしょうか。 このケースのポイントは以下の2点です。 ①対象となる不動産が今は誰の所有物なのか

  •  2016年11月22日
  • |
  •  1802
  • |
  •  不動産

不動産相続に不可欠な手続きをチェック!不動産相続は争続になりやすい!?

不動産をスムーズに相続するのは難しい? 相続財産の洗い出しが終わり、相続人との協議によって遺産分割が確定しました。 そして、いざ相続手続を進めようとした時にありがちな問題があります。 まずは、先代の登記が完了しておらず、今回亡くなった方の名義になっていないという問題。 これは名義