遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
遺品

遺品整理や形見分けを行うタイミングと形見分けのやり方

形見分けとは お葬式が終わり、少し落ち着いた頃に故人の遺品整理を行います。 この時に故人の大切にしていた品や思い出の品を誰かに使ってもらいたい、思い出を共有したい、といった想いから行われるのが「形見分け」です。 この形見分けは親族や仲の良かった友人などで故人を偲んで行われる事が多いです

生計を一にするの判断基準とは?

小規模宅地等の特例の要件の一つ「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準とは

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援助を一方が他方に与えていれば、これに該当します。 例えば、単身

エンディングノート『サンクスノート』の書き方

最近よく耳にする「終活」とは 「終わる」の”終”と、「活動」の”活”と書いて、「終活(しゅうかつ)」。 これは平成21年に週刊朝日が造った言葉です。 当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことを指していました。 しかし、今「終活」という言葉は人生の終わりに向けて、前向き

老後破産

【終活】老後の生活が心配で・・・

【終活】老後破産しないよう安心して老後を迎えるために! 日本では以前にも増して、ますます少子高齢化が進んでいます。 少子化の影響で年金の財源を支える若年層の減少もあり、年金だけで老後の生活費を賄っていける世帯はそれほど多くはありません。 多くの世帯では、現役時代に老後の資金として蓄えて

終活の第一歩!財産を整理するためにまずやっておくべき事って?

終活の第一歩!財産を整理するためにまずやっておくべき事 終活をしようと考えた時に気になるのが、ご自身の財産を「どのように残すのか」ではないでしょうか。 今まで連れ添ってきた配偶者はもちろん、今は独立して働いていたり、家庭を持ったりした子どもたちにどう配分しておくべきか悩みは尽きないものです。

遺言書を破棄したり、隠したりすると相続できないって本当?

相続欠格と相続人の廃除とは何? 相続において特定の条件に該当する場合には、法定相続人であっても相続権を喪失するケースがあります。 それは相続人が「相続欠格」とみなされた場合と、被相続人が相続人を「相続廃除」した場合です。 相続欠格では書面のみで相続権を失い、相続廃除では家庭裁判所におけ

お墓を自宅近くに移動させる「墓じまい」とは?墓じまいの費用はどのくらい?

「墓じまい」は地方から都会への「お墓の引越し」 地方の納骨堂や霊園では年々、お墓の空きが目立ってきています。 かつて申込みをしたときは、面倒な審査書類を提出しなければいけなかったり、近くの霊園は既に予約がいっぱいで、やや遠くの霊園を探した方もいることでしょう。 自分のご先祖さまのお墓が

終活の一環「墓友」を作る女性が増えています!

「墓友」が流行ってるって言うけど墓友って何? ガイヤの夜明け「素敵な人生の締めくくり方~注目高まる"終活"ビジネスの今~」でも紹介されていた「墓友」。 「終活」という言葉に続き墓友という言葉が浸透してきた今日ですが、実際に墓友とはどんなものか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

【少しずつ進めたい生前整理】遺族のために今からできる終活!

遺族のために!少しずつ進めたい生前整理 自分が人生の終わりを迎えた時、遺族がなるべく困らないようにする事、また自分の終末を自分自身で決める事、それが終活の役割として広く知られています。 少しずつ時間をかけて身のまわりの物を整理して、身も心も軽くなった状態で人生の最晩年を迎えられるようにす

終活におけるエンディングノートの作成方法(エンディングノートの内容・書き方)

最近、「終活」というものに目を向けるご年配の方が多くなってきています。 一言で「終活」といっても、その取り組みはさまざまですが、最も身近な終活ともいえるもののひとつに、「エンディングノート」があります。 「エンディングノート」は自分が亡くなった後に家族へ遺す最後のメッセージともいえるもの