遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

終活におけるエンディングノートの作成方法(エンディングノートの内容・書き方)

最近、「終活」というものに目を向けるご年配の方が多くなってきています。 一言で「終活」といっても、その取り組みはさまざまですが、最も身近な終活ともいえるもののひとつに、「エンディングノート」があります。 「エンディングノート」は自分が亡くなった後に家族へ遺す最後のメッセージともいえるもの

人生のエンディングを飾る終活で残りの人生を充実させよう!

人生を有意義に過ごすための「終活」 物事には終わりがくる。 それは人の命だけではなく、この世に存在するもの全てに言える事です。 客観的に見ればそれは「当たり前の事」なのですが、いざ自分の人生の事になると受け止めきれずに悩む方が大勢いらっしゃいます。 しかし、それでは残りの人生を楽しむ事は

子供に負担をかけたくない!中高年がやるべき相続対策4つ

基礎控除額の大幅減額で、相続対策をする中高年が増加 終活を始める人が増えてきていますね。あなたも今までに終活という言葉を聞いたことがあるかと思います。 そして終活の中の1つとして挙げられるのが相続対策です。 近年では、子供がいない世帯や遠方で暮らしていて、法定相続人以外の相手に遺産を譲りたいと

その遺言書、本当に大丈夫?知らないと大変!「遺留分」について

遺言書と遺留分の請求の関係 遺言書は特定の相手に指定した遺産を譲ることができる方法として多く利用されていますが、その遺言の内容が、相続人の遺留分を侵害している場合には遺留分の請求により、請求のあった他の法定相続人に一部遺産を譲る必要が生じます。 遺言書の内容を一部覆す「遺留分の減殺請求」ができる