遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

相続発生後のスケジュールをご存知ですか?

相続手続きのスケジュール 近頃、マスメディアで取り上げられることの多い「相続」と「相続税」。今回は、相続が発生した後のスケジュールについて相続手続きのポイントも含めて解説したいと思います。 相続発生直後の手続き 実際に相続が発生した場合の手続きを、相続税の申告が必要な場合を

相続税増税!?

苦労する戸籍取集と遺産分割協議書作成の注意点

相続では税金の問題だけでなく、分割手続きにも注目 「相続」という言葉を聞くと、皆さんは「相続税」をイメージされるかもしれません。相続税の申告期限は相続が発生してから10ヶ月以内と法律で決まっているため、そこに注目がいくのは当然のことです。しかし、相続は相続税の申告だけではありません。「手続」も一緒

相続手続きが変わる!?法定相続情報証明制度とは?

戸籍収集は、相続手続きの最初の関門!? ひとたび相続が起こると、お亡くなりになられた方から相続人に財産が相続されますが、戸籍は、その「相続人」を書類上確定する役割を持っています。 お亡くなりになられた方の出生から死亡までの戸籍を取得することにより、その人の相続人が特定できるわけです。

事業承継税制

会社の代表者である父親が死亡。自分が後を継ぎますが、会社を相続するときの手続きとは?

代表取締役の地位は相続財産? 親が保有している株式の「割合」を調べましょう。 親から会社を引き継ぐことになった際、きちんとした手続きを踏んでおくことが大切です。 そうしないと、自分が家業を継いだと思っていたのに他人が経営者になっていた、なんてことにもなりかねません。 親から会社を引き

相続内容に納得がいかない時すぐに裁判を実施できる?

相続財産の分けかたがまとまらず、話し合いも不調、そんな時すぐに裁判を起こせる?

遺産分割協議とは? 被相続人が遺言を残していない場合、法定相続人が遺産を相続することになります。 法定相続人が複数いる場合には、遺産は、相続人全員の共同相続財産となります。 その共同で相続した財産を、具体的に誰がどのように相続するのかということを、相続人全員で話し合うことが、「遺産分割協議」で

数次相続

複雑すぎる!数次相続

数次相続とは 遺産相続における遺産分割協議には期限が定められていません。 そのため、いつまでも協議を先延ばしにしていると相続人の中から死亡者が出てしまうケースがあります。 遺産相続が開始されてから、遺産分割協議や相続登記の手続きが完了しないうちに、次の遺産相続が開始してしまうことを数次

成年後見人と保佐人と補助人の違いは?

成年後見人と保佐人と補助人の違いは?相続における保佐人の役割って?

被保佐人とは?相続における保佐人の役割って? 相続と被保佐人について考える前に被保佐人というものがどういうものかからまず確認しておきましょう。 被保佐人は、精神上の障がいなどによって、著しく事理を弁識する能力が著しく不十分であるため、裁判所から保佐開始の審判を受けた人の事を言います。

美術品、骨董品の相続

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)」で出される基礎控除

自動車の相続

自動車の所有者が亡くなった時、手続きは必要?

車も大切な相続財産!名義変更の手続きが必要です 家や土地、預金などの資産についてはしっかり対策されていると思いますが、意外と見落としがちなものに自動車やバイクがあげられます。 家や預金など相続手続きをしなければ、動かせない資産と違い、自動車やバイクなどは所有者が死亡しても、家族がそのまま手続

家なき子特例

親と同居していなくても「家なき子特例」という小規模宅地等の特例がある!?

知らないと損をする? 家なき子特例とは!? 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居をしていないから駄目だと諦めている方も多