遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
節税

相続税は海外移住で節税できる?

相続税の税率は日本と外国で違う? 日本の相続税は課税される財産の金額に応じて税率が異なります。 最高税率の水準となると、税率は55%ですので、相続した財産の半分近くは税金として負担し、残りの半分が手元に残るという計算になります。 世界の国と比較しても、この最高税率は高い水準です。

  •  2017年3月27日
  • |
  •  140
  • |
  •  節税

節税対策の生前贈与が相続時に加算されるケースがある!

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3

  •  2017年3月24日
  • |
  •  132
  • |
  •  節税
平均課税制度

知らなければ損をする!?平均課税制度の仕組みと使い方

知らなければ損をする!?平均課税制度の仕組みと使い方 日本の税制において所得税は、課税対象となる総所得を何段階かに分け、金額毎に税率を変える超過累進税率が採用されています。 この方式は低所得者は税負担を軽く、高所得者ほど多く税金を負担してもらう事を目的としています。 しかしこの税率

  •  2017年3月23日
  • |
  •  148
  • |
  •  節税
世帯分離のメリットとデメリット

知らないと損をする!世帯分離を行うメリットとデメリット

世帯分離とは 世帯とは同じ住所の一つ屋根の下で生活を共にすることを指しますが、世帯分離とは同じ世帯に住んでいる人間が住む場所を変えずに新しく世帯を別に持つことです。 結婚をした時にどちらか、あるいは両方の親と同居はするけれど生活などはそれぞれ別にする、といった場合にもこれに該当します。

  •  2017年3月22日
  • |
  •  437
  • |
  •  節税
終身保険で500万まで節税できる

終身保険(生命保険)なら相続税は法定相続人の数×500万円まで非課税!節税の他にもメリットが!

終身保険(生命保険)のメリット・デメリットは? 相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。 そのような意見や疑問への回答も含めて、ここでは相続税対策として終身保険を利用するという方法のメリット

  •  2017年3月15日
  • |
  •  130
  • |
  •  節税
生命保険で節税

遺言代用信託でも節税対策ができる!生命保険(終身保険)とどっちが節税効果が高いの?

遺言代用信託ってなに? 遺言代用信託とは、法人又は個人に財産を信託し生前中は自身が受益者、死後は指定した方が受益者となり財産を受け取る事ができる信託契約です。 具体的な委託先は金融機関で、金融機関は信託を受けた財産を管理運用します。 そして被相続人である委託者が指定した相続人(主に

  •  2017年3月15日
  • |
  •  165
  • |
  •  節税
小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、その要件を見てみましょう。 小規模宅地等の特例が適用される要件 被相続人や

  •  2017年1月25日
  • |
  •  280
  • |
  •  節税
相続時精算課税

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度?

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度? 相続より前に財産を子どもや孫に譲り渡す場合は生前贈与をしますが、贈与した財産の額が年間110万円を超えると贈与税が課税されてしまいます。(暦年課税) そのため高額の贈与を行いたい時に相続時精算課税の選択をすると、2,500万円までの贈与額が非

  •  2017年1月25日
  • |
  •  328
  • |
  •  節税

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる!相続放棄しても祭祀財産なら安心!

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる! お墓や仏壇を買う必要がある場合、生前に買った方が相続税の節約になります。 お墓や仏壇は祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれるもので、他にも仏像・位牌・仏具なども含まれます。 これらは相続税の対象にはなりません。 つまり相続税は0

  •  2016年12月16日
  • |
  •  183
  • |
  •  節税

結婚や子育てにも贈与ができる!「結婚・子育ての一括贈与」で節税対策!

「結婚・子育ての一括贈与」で節税対策しよう! これまでにも教育資金の一括贈与という制度がありましたが、新たに平成27年4月より「結婚・子育ての一括贈与」が始まりました。 制度の有効期間は、平成27年4月1日から平成31年3月31日で、贈与を受ける人(以下、受贈者とします)の年齢が20歳以上50歳

  •  2016年12月16日
  • |
  •  180
  • |
  •  節税