遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、その要件を見てみましょう。 小規模宅地等の特例が適用される要件 被相続人や

  •  2017年1月25日
  • |
  •  1696
  • |
  •  節税
相続時精算課税

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度?

相続時精算課税制度による節税ってどんな制度? 生前贈与によって相続財産を少なくする制度として年間110万円までの暦年課税(れきねんぞうよ)があります。 これは、年間110万円までであれば誰に対しても非課税で財産を譲り渡すことができるものです。 しかし、110万円を超えてしまうと高い税率

  •  2017年1月25日
  • |
  •  1057
  • |
  •  節税

【知っている人が得をする節税対策】お墓を買うなら生前の方が節税になる!相続放棄しても祭祀財産(お墓や仏壇)なら安心!

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる! お墓や仏壇を買う必要がある場合、生前に買った方が相続税の節約になります。 お墓や仏壇は祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれるもので、他にも仏像・位牌・仏具なども含まれます。 これらは相続税の対象にはなりません。 つまり相続税は0

  •  2016年12月16日
  • |
  •  692
  • |
  •  節税

結婚や子育てにも贈与ができる!「結婚・子育ての一括贈与」で節税対策!

「結婚・子育ての一括贈与」で節税対策しよう! これまでにも教育資金の一括贈与という制度がありましたが、新たに平成27年4月より「結婚・子育ての一括贈与」が始まりました。 制度の有効期間は、平成27年4月1日から平成31年3月31日で、贈与を受ける人(以下、受贈者とします)の年齢が20歳以上50歳

  •  2016年12月16日
  • |
  •  551
  • |
  •  節税

財産を贈与すれば必ず税金がかかる!そんな事はありません。税金のかからない贈与があります。

贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対策 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税はかかりません。 逆に言えば110万円を超える贈与

  •  2016年12月16日
  • |
  •  1143
  • |
  •  節税

信託を活用して相続税を節税する!?

信託の定義と仕組み まず、信託とは「委託者(=預ける人)の設定した一定の目的に従い、当該財産の管理又は処分を受託者(=預かる人)が行う行為」の事を指します。 信託をする上でよく耳にする「信託受益権(しんたくじゅえきけん)」ですが、 信託受益権とは受益者(=信託財産から得られる利益を得る人)

  •  2016年12月16日
  • |
  •  1245
  • |
  •  節税

家族に迷惑を掛けない!相続税の節税に有効な生命保険の掛け方

話題の生命保険、節税にもなるし、納税資金にもなるし、本当にいいことずくめ?? 年を重ね高齢になってくると気になってくるのが遺産の問題です。 遺産の円滑な分割と、税金への対応が必要になります。 節税対策の一つとして一般的に知られているのが生命保険です。 今回は生命保険を利用した具体的な

  •  2016年11月22日
  • |
  •  998
  • |
  •  節税

生前贈与を上手に活用して贈与にかかる税金を賢く節税しよう!

生前贈与などを利用して税金を賢く節税しよう! 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を死ぬ前に贈与する事によって相続税の課税対象となる財産を減らし、最終的には相続税を減らす節税を目的として実施します。 但し、この贈与に対しては贈与税が課せられます。 贈与税とは贈与された財産に対してかかる税金の事

  •  2016年9月15日
  • |
  •  791
  • |
  •  節税