遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
美術品、骨董品の相続

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法...

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)」で出される基礎控除

不動産の登録免許税の計算方法

不動産の相続時における登録免許税の計算方法とは?...

不動産を相続した際、相続登記にかかる登録免許税とは? 不動産を相続した際には、相続税と登録免許税が課税される場合があります。 相続税は、被相続人の相続財産を取得する際に課税されるものです。(基礎控除あり) 登録免許税は、相続により取得した不動産を登記する際に課税されるものです。

  •  2017年3月25日
  • |
  •  236
  • |
  •  不動産

信託を活用して相続税を節税する!?

信託の定義と仕組み まず、信託とは「委託者(=預ける人)の設定した一定の目的に従い、当該財産の管理又は処分を受託者(=預かる人)が行う行為」の事を指します。 信託をする上でよく耳にする「信託受益権(しんたくじゅえきけん)」ですが、 信託受益権とは受益者(=信託財産から得られる利益を得る人)

  •  2016年12月16日
  • |
  •  253
  • |
  •  節税

相続した家の賃料は支払うの!?相続開始後の賃料の支払い義務がある...

家賃の支払い義務がある場合も!相続開始後の賃料に注意 賃貸物件に住んでいた親族が亡くなってしまった際、その後も不動産会社との契約内容によっては賃貸物件を借りたままの状態になっています。 このような場合には相続人が賃料を支払わなければならない場合があるので注意が必要です。 他人から物件を借り

  •  2016年11月22日
  • |
  •  259
  • |
  •  不動産
共同相続の不動産を明け渡しできるのか?

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相...

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相続の注意点 共同相続とは、二人以上の法定相続人が共同で行う相続の事です。 二人以上で相続を行うなら心強い!と思う方もいるかもしれませんが、実は共同相続には後々揉めたり協議が長引いたりする要因があります。 例えば父親が亡くなった

  •  2016年11月22日
  • |
  •  250
  • |
  •  不動産

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できる?...

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できるか? 被相続人が生前に所有していた不動産に被相続人の兄弟が住んでいた場合、その不動産の相続人(例えば居住していない子供など)が立ち退きを要求出来るのでしょうか。 このケースのポイントは以下の2点です。 ①対象となる不動産が今は誰の所有物なの

  •  2016年11月22日
  • |
  •  228
  • |
  •  不動産

借地権を相続したらどうすればいいの?相続人になった時の注意点...

借地権は相続財産に含まれるの? 被相続人が賃貸物件に入居していたなど、借地権を持っている人が亡くなった場合、その権利も通常の遺産と同様に相続するものの対象となります。 一般的に借地権の相続に許可は必要なく借地の契約を行うこともないのですが、地主に報告する必要はあり、まれに更新料や承諾料を地主に払

不動産相続に不可欠な手続きをチェック!不動産相続は争続になりやす...

不動産をスムーズに相続するのは難しい? 大切な人が亡くなったら悲しむ間もなく直面する問題があります。 誰かが亡くなるという事は考えたくないものですが、いつかは必ず近い人が亡くなるという事は訪れるものです。 その際にはやらなければならないことがたくさんあります。 悲しみにゆっくり浸る間もなく、