遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
借地権の種類と評価方法

借地権とは

借地権とは、他人の土地に建物を建てて、地代を払って賃借して利用できる権利のことを言います。 借地権の種類 ①<旧借地法による借地権> 平成4年に廃止となった旧借地法の適用を受けている借地権を言います。 契約期間は、堅固建物は30年、非堅固建物は20年です。 当事者間の合意で、これよりも長く

  •  2017年5月30日
  • |
  •  286
  • |
  •  不動産
小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、その要件を見てみましょう。 小規模宅地等の特例が適用される要件 被相続人や

  •  2017年1月25日
  • |
  •  615
  • |
  •  節税

借地権を相続したらどうすればいいの?相続人になった時の注意点...

借地権は相続財産に含まれるの? 被相続人が賃貸物件に入居していたなど、借地権を持っている人が亡くなった場合、その権利も通常の遺産と同様に相続するものの対象となります。 一般的に借地権の相続に許可は必要なく借地の契約を行うこともないのですが、地主に報告する必要はあり、まれに更新料や承諾料を地主に払