遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
美術品、骨董品の相続

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法...

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)」で出される基礎控除

贈与税の配偶者控除を活用して節税対策をしよう!...

配偶者に自宅を贈与すると、節税対策になる!? 贈与税の配偶者控除を活用すると、相続税の節税につながる? この配偶者控除を受けるための条件は以下の通りです。 ・婚姻の期間が20年以上あること ・配偶者間で居住用不動産またはその取得のための金銭の贈与であること ・配偶者控除は生涯につき1回のみ

  •  2016年12月16日
  • |
  •  589
  • |
  •  贈与税

財産を贈与すれば必ず税金がかかる!そんな事はありません。税金のか...

贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対策 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税はかかりません。 逆に言えば110万円を超える贈与

  •  2016年12月16日
  • |
  •  533
  • |
  •  節税

養子は法定相続人になれるの? 養子縁組の種類で相続権をチェック!...

法定相続人とは 民法では法定相続人になる人の順位が決まっています。 個人の配偶者は常に相続人になります。 先順位の相続人がいる場合は次順位の人は相続できません。 第一順位は子どもです。 子供が故人よりも先に死亡している場合は孫や曾孫が代襲相続人となります。 子供には養子や認知した子も

  •  2016年9月15日
  • |
  •  518
  • |
  •  遺言

生前贈与を上手に活用して贈与にかかる税金を賢く節税しよう!...

生前贈与などを利用して税金を賢く節税しよう! 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を死ぬ前に贈与する事によって相続税の課税対象となる財産を減らし、最終的には相続税を減らす節税を目的として実施します。 但し、この贈与に対しては贈与税が課せられます。 贈与税とは贈与された財産に対してかかる税金の事

  •  2016年9月15日
  • |
  •  431
  • |
  •  節税

相続に当たって考えておきたい事と手続きのコツ...

相続問題は実は身近にあるもの 相続問題は自分には関係がないと考えている方も多いかと思いますが、遺産相続の問題に巻き込まれるケースは意外と多いものです。 思わぬタイミングでやってくることもありますが、親が高齢の場合などある程度予想できることもあります。 また、自分自身が高齢になった場合に残される