遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

信託を活用して相続税を節税する!?

信託の定義と仕組み まず、信託とは「委託者(=預ける人)の設定した一定の目的に従い、当該財産の管理又は処分を受託者(=預かる人)が行う行為」の事を指します。 信託をする上でよく耳にする「信託受益権(しんたくじゅえきけん)」ですが、 信託受益権とは受益者(=信託財産から得られる利益を得る人)

  •  2016年12月16日
  • |
  •  325
  • |
  •  節税