遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
相続税増税!?

相続税が増税!実に10%の人が相続税の申告が必要になったって本当...

相続税が増税!実に10%の人が相続税の申告が必要になったって本当? 以下で詳しくご説明しますが、平成26年までの相続税の基礎控除は「5,000万+1,000万×法定相続人の数」だったため、「一部の富裕層にしか関係がない」と考える方もいましたが、平成27年の税制改正で大幅に制度が変わりました。

小規模宅地等の特例に関する申請書類

小規模宅地等の特例に関する申請書類の書き方...

小規模宅地等の特例とは? 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 【小規模宅地等の特例の詳細はこちら】 小規模宅地等の特例を受けるための手続き 小規模宅地等の特例を受け

家なき子特例

親と同居していなくても「家なき子特例」という小規模宅地等の特例が...

知らないと損をする? 家なき子特例とは!? 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居をしていないから駄目だと諦めている方も多

生計を一にするの判断基準とは?

小規模宅地等の特例の要件の一つ「生計を一にする」ことの法的意味と...

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援助を一方が他方に与えていれば、これに該当します。 例えば、単身

小規模宅地等の特例は建築中でも適用できる?

小規模宅地等の特例は家を建築中でも適用できるの?...

小規模宅地等の特例ってどんな制度? 小規模宅地等の特例とは、相続が始まる直前に被相続人等の居住用または事業の用に供されていた宅地等の相続税評価額を50%又は80%減額できる制度です。 宅地に家を建築中でも小規模宅地等の特例が適用されるの? 小規模宅地等の特例は、建物または構築物の敷地である宅地

  •  2017年1月25日
  • |
  •  210
  • |
  •  不動産
小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、その要件を見てみましょう。 小規模宅地等の特例が適用される要件 被相続人や

  •  2017年1月25日
  • |
  •  415
  • |
  •  節税

【相続手続きの流れ】相続の申告期限はいつまで?...

相続手続きではやらなければならない事に期限がある 相続手続きをしなければいけないのに、どうすればいいのか分からなくて困っている人もいるかもしれません。 銀行口座についても相続が開始した時点で、すぐに凍結されてしまうと思われている方も多いようです。 相続に詳しい専門家でもない限り分からなくて当然