遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

気になる広大地評価、贈与はお早めに!「相続税等の財産評価の適正化...

広大地評価が変わろうとしています! 不動産評価において大きな減額規定である広大地(こうだいち)評価のルールが変わろうとしています。 現行の広大地評価では、面積が1000㎡以上(三大都市圏では500㎡以上)で一定の制約要件を満たす場合において、その土地の面積に応じて減額する規定となっています。

広大地評価を適用した場合の相続税の計算式

広大地評価はデメリットもある?広大地の相続税評価額の計算式と誤解...

広大地評価が適用できると大きな節税につながる!? 被相続人が普通より広大な土地を持っていた場合には、この広大地評価を検討してみる価値があります。 広大な土地を相続する場合、相続税の納税額が大きくなることがよくありますが、広大地評価の適用により大きな節税につながる場合もあります。 広大地は土

広大地の評価を大きく下げて相続税を節税する方法がある!【広大地評...

広大な土地を所有している場合は適用を検討 被相続人が普通より広大な土地を持っていた場合には、一般的な広さの土地より低く評価する事ができます。 したがって、広大な土地を相続する場合、相続税の納税額が安くなり最大65%の節税が可能です。 広大地評価とは? 著しく地積が広大な土地(三大都市

  •  2017年3月29日
  • |
  •  788
  • |
  •  不動産