遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

相続人って、誰のこと?

相続人って、誰のこと? 相続人は、民法でその範囲が定められています。 民法で定められている相続人の事を、法定相続人といいます。 配偶者は、常に法定相続人となります。 配偶者以外で法定相続人となる人は、順番に決められています。 その順番は、子供、父母、兄弟の順です。 法

遺産相続ですべき手続きや話し合いは何がある?遺産相続手続きに期限...

遺産相続とは 人が亡くなると、その家族(妻や子どもなど)に遺産が受け継がれます。 これを遺産相続といいます。 亡くなった方(被相続人)の遺産を誰がどのくらい相続するかの相続配分は法律で定められています。 しかし法律の定めとは別に、相続人同士の話し合いで決める事も可能です(遺産分割協議

代襲相続の範囲を家系図でチェック!【兄弟姉妹・姪・甥は代襲相続で...

本来相続するはずの相続人「法定相続人」がいない場合の「代襲相続」とは 親よりも先に子どもが死ぬほど親不孝な事はありません。 しかし高齢化へと突き進む現代において親よりも先に子どもが亡くなるケースも多くなっています。 その場合、「相続するはずだった人がいない」「誰がどのくらい相続したらいいか

養子は法定相続人になれるの? 養子縁組の種類で相続権をチェック!...

相続権を持つ相続人とは 遺産相続のキーワード「相続人」を知っていますか? まずはそこから考察していきましょう。 故人の1親等以内にあたる「配偶者・子供・父母(兄弟姉妹)」が法定相続人になり、相続権を法的に認められています。 但し相続順位があり、配偶者は必ず相続出来る権利を有しますが、

  •  2016年9月15日
  • |
  •  249
  • |
  •  遺言

子供に負担をかけたくない!中高年がやるべき相続対策4つ...

基礎控除額の大幅減額で、相続対策をする中高年が増加 終活を始める人が増えてきていますね。あなたも今までに終活という言葉を聞いたことがあるかと思います。 そして終活の中の1つとして挙げられるのが相続対策です。 近年では、子供がいない世帯や遠方で暮らしていて、法定相続人以外の相手に遺産を譲りたいと