遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
自動車の相続

自動車の相続は大変?生前に名義変更したい場合は?...

自動車の相続はこんなに大変!生前に名義変更したい場合は? 家や土地、預金などの資産についてはしっかり対策されていると思いますが、意外と見落としがちなものに自動車やバイクがあげられます。 家や預金など相続手続きをしなければ、動かせない資産と違い、自動車やバイクなどは所有者が死亡しても、家族がそ

特別縁故者

特別縁故者として認めてもらう方法

特別縁故者として認めてもらう方法 特別縁故者とは、法律によって定められた通常の遺産相続人(法定相続人)がいない場合で、特別な縁故があって相続の権利が認められる人の事をいいます。 特別縁故者になれる人物 特別縁故者になれる人物としては、内縁の妻や夫、あるいは献身的な療養看護に

節税対策の生前贈与が相続時に加算されるケースがある!...

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3

  •  2017年3月24日
  • |
  •  204
  • |
  •  節税

遺言で子によって相続分に差をつけたい!遺留分はいくら!?...

特定の子に多く相続させたい場合 遺言者が相続割合を決める際には、自分の家族それぞれに対する愛情は同じであっても、財産承継(財産を誰にどのくらい渡すか)という点では異なる結果になる場合があります。 自分に長く寄り添ってくれた長男に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事になります。

  •  2017年2月13日
  • |
  •  309
  • |
  •  遺言

知っておきたい贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対...

贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対策 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税はかかりません。 逆に言えば110万円を超える贈与

  •  2016年12月16日
  • |
  •  301
  • |
  •  節税

生前贈与を上手に活用して贈与にかかる税金を賢く節税しよう!...

生前贈与などを利用して税金を賢く節税しよう! 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を死ぬ前に贈与する事によって相続税の課税対象となる財産を減らし、最終的には相続税を減らす節税を目的として実施します。 但し、この贈与に対しては贈与税が課せられます。 贈与税とは贈与された財産に対してかかる税金の事

  •  2016年9月15日
  • |
  •  263
  • |
  •  節税

子供に負担をかけたくない!中高年がやるべき相続対策4つ...

基礎控除額の大幅減額で、相続対策をする中高年が増加 終活を始める人が増えてきていますね。あなたも今までに終活という言葉を聞いたことがあるかと思います。 そして終活の中の1つとして挙げられるのが相続対策です。 近年では、子供がいない世帯や遠方で暮らしていて、法定相続人以外の相手に遺産を譲りたいと