遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
契約者が志望した場合の住宅ローンの支払い

住宅ローンの借主が死亡した場合、そのローンは返済不要になると聞い...

ローンの借主が死亡した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか。 住宅ローンが払えずに、物件を手放すことを検討しているという人もいるのではないでしょうか。 しかし、払わなければいけないと思っている残された住宅ローンですが、

相続放棄の取り消しはできる?

騙された場合や恐喝された場合、相続放棄は取り消せる?...

相続放棄とは 相続を受けると、現金や不動産といった資産と一緒に借金などの負の遺産も引き継ぐ事になります。 財産があれば相殺されますが、額があまりにも大きいと相続人が自分に責めのない多額の負債を抱えてしまうことになります。 それを救済するためにあるのが「相続放棄」という手続きです。

【知っている人が得をする節税対策】お墓を買うなら生前の方が節税に...

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる! お墓や仏壇を買う必要がある場合、生前に買った方が相続税の節約になります。 お墓や仏壇は祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれるもので、他にも仏像・位牌・仏具なども含まれます。 これらは相続税の対象にはなりません。 つまり相続税は0

  •  2016年12月16日
  • |
  •  422
  • |
  •  節税

父親が借金を残して死亡した、これを相続したくない!!もしもの時の...

相続したら借金ができた!?もしもの時のために知っておきたい相続放棄とは 相続をする時に対象となる資産は、現金や不動産といったプラスの財産だけではなく、住宅ローンなどのいわゆる借金や保証人としての立場などマイナスの財産も含まれます。 「プラスの財産が多くて相続税対策をしなくてはならない」という

借金は相続したくない!!相続放棄って?!

故人の財産には借金も含まれる!?相続放棄をするという選択肢 故人の生前の暮らしぶりを知っていれば話しも早いのですが、少し遠方にいたり込み入った話しをせずにいたりすると後々になって相続をする時に不都合が起こってしまいます。 時に被相続人が残した財産に負債項目がある時です。 相続財産には預

代襲相続の範囲を家系図でチェック!【兄弟姉妹・姪・甥は代襲相続で...

本来相続するはずの相続人「法定相続人」がいない場合の「代襲相続」とは 親よりも先に子どもが死ぬほど親不孝な事はありません。 しかし高齢化へと突き進む現代において親よりも先に子どもが亡くなるケースも多くなっています。 その場合、「相続するはずだった人がいない」「誰がどのくらい相続したらいいか

一代で築き上げた財産、自分の死後も財産を思うように分配したいが、...

遺産を分配したい人に遺産相続する時には「遺言書」が有効 自分が持っている財産を、この相手には相続させたくないと考えている時にはどのような方法があるのでしょうか。 相手の意思に関係なく、自分だけで手続きができる方法が遺言です。 どの財産を誰に渡すかということを細かく記しておきますので、こちらに記

  •  2016年9月15日
  • |
  •  430
  • |
  •  遺言

その遺言書、本当に大丈夫?知らないと大変!「遺留分」について...

遺言書と遺留分の請求の関係 遺言書は特定の相手に指定した遺産を譲ることができる方法として多く利用されていますが、その遺言の内容が、相続人の遺留分を侵害している場合には遺留分の請求により、請求のあった他の法定相続人に一部遺産を譲る必要が生じます。 遺言書の内容を一部覆す「遺留分の減殺請求」ができる