遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

気になる広大地評価、贈与はお早めに!「相続税等の財産評価の適正化...

広大地評価が変わろうとしています! 不動産評価において大きな減額規定である広大地(こうだいち)評価のルールが変わろうとしています。 現行の広大地評価では、面積が1000㎡以上(三大都市圏では500㎡以上)で一定の制約要件を満たす場合において、その土地の面積に応じて減額する規定となっています。

相続時精算課税

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度?...

相続時精算課税制度による節税ってどんな制度? 生前贈与によって相続財産を少なくする制度として年間110万円までの暦年課税(れきねんぞうよ)があります。 これは、年間110万円までであれば誰に対しても非課税で財産を譲り渡すことができるものです。 しかし、110万円を超えてしまうと高い税率

  •  2017年1月25日
  • |
  •  662
  • |
  •  節税

相続に当たって考えておきたい事と手続きのコツ...

相続問題は実は身近にあるもの 相続問題は自分には関係がないと考えている方も多いかと思いますが、遺産相続の問題に巻き込まれるケースは意外と多いものです。 思わぬタイミングでやってくることもありますが、親が高齢の場合などある程度予想できることもあります。 また、自分自身が高齢になった場合に残される