遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
契約者が志望した場合の住宅ローンの支払い

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要?...

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか。 住宅ローンが払えずに、物件を手放すことを検討しているという人もいるのではないでしょうか。 しかし、払わなければいけないと思っている残された住宅ローンですが、

節税対策の生前贈与が相続時に加算されるケースがある!...

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3

  •  2017年3月24日
  • |
  •  132
  • |
  •  節税

【相続税申告】亡くなった後に入金された年金・高額療養費・埋葬料等...

【相続税申告】亡くなった後に入金された年金・高額療養費・埋葬料等は相続財産になる? 亡くなった後に、遺族の口座に年金や高額療養費の振込がある場合があります。 (被相続人の口座が凍結されていないケースでは被相続人の口座に入金される場合も同様です。) これらの入金は以下の2つに分類されます。

  •  2017年2月27日
  • |
  •  346
  • |
  •  相続税

遺言で子によって相続分に差をつけたい!遺留分はいくら!?...

特定の子に多く相続させたい場合 遺言者が相続割合を決める際には、自分の家族それぞれに対する愛情は同じであっても、財産承継(財産を誰にどのくらい渡すか)という点では異なる結果になる場合があります。 自分に長く寄り添ってくれた長男に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事になります。

  •  2017年2月13日
  • |
  •  219
  • |
  •  遺言

相続に当たって考えておきたい事と手続きのコツ...

相続問題は実は身近にあるもの 相続問題は自分には関係がないと考えている方も多いかと思いますが、遺産相続の問題に巻き込まれるケースは意外と多いものです。 思わぬタイミングでやってくることもありますが、親が高齢の場合などある程度予想できることもあります。 また、自分自身が高齢になった場合に残される