遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
事業承継税制

「事業承継税制」の制度を利用すると相続税納税の猶予が認められる!...

事業承継税制の制度とは 中小企業等の後継者は、相続等によりその会社の株式を被相続人から取得した場合、相続税を納税しなければなりません。 しかし相続後の納税が大きな負担に感じる後継者も多いのではないでしょうか。 事業承継税制はそのような場合、一定要件を満たせばその株式に係る相続税の8

  •  2017年6月13日
  • |
  •  103
  • |
  •  相続税
事業承継税制

後継ぎになる人は必見!会社を相続するときの手続きとは?...

代表取締役の地位は相続財産? 親が保有している株式の「割合」を調べましょう。 親から会社を引き継ぐことになった際、きちんとした手続きを踏んでおくことが大切です。 そうしないと、自分が家業を継いだと思っていたのに他人が経営者になっていた、なんてことにもなりかねません。 親から会社を引き

借地権の種類と評価方法

借地権とは

借地権とは、他人の土地に建物を建てて、地代を払って賃借して利用できる権利のことを言います。 借地権の種類 ①<旧借地法による借地権> 平成4年に廃止となった旧借地法の適用を受けている借地権を言います。 契約期間は、堅固建物は30年、非堅固建物は20年です。 当事者間の合意で、これよりも長く

  •  2017年5月30日
  • |
  •  189
  • |
  •  不動産

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ...

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ 親が所有している不動産を売却する場合、「親が生きている間に売却する」と「親の死後に相続して売却する」の大きく2つのケースがあります。 生前に親の介護費用や贈与などで子どもが親の不動産を売却することはありますが、親が重度の認知症を患っていて契

  •  2017年5月18日
  • |
  •  168
  • |
  •  不動産
数次相続

複雑すぎる!数次相続

数次相続とは 遺産相続における遺産分割協議には期限が定められていません。 そのため、いつまでも協議を先延ばしにしていると相続人の中から死亡者が出てしまうケースがあります。 遺産相続が開始されてから、遺産分割協議や相続登記の手続きが完了しないうちに、次の遺産相続が開始してしまうことを数次

成年後見人と保佐人と補助人の違いは?

成年後見人と保佐人と補助人の違いは?相続における保佐人の役割って...

被保佐人とは?相続における保佐人の役割って? 相続と被保佐人について考える前に被保佐人というものがどういうものかからまず確認しておきましょう。 被保佐人は、精神上の障がいなどによって、著しく事理を弁識する能力が著しく不十分であるため、裁判所から保佐開始の審判を受けた人の事を言います。

契約者が志望した場合の住宅ローンの支払い

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要?...

ローンの借主が他界した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか。 住宅ローンが払えずに、物件を手放すことを検討しているという人もいるのではないでしょうか。 しかし、払わなければいけないと思っている残された住宅ローンですが、

美術品、骨董品の相続

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法...

美術品に相続税はかかるの?絵画や骨董品を相続する方法 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)」で出される基礎控除

相続税増税!?

相続税が増税!実に10%の人が相続税の申告が必要になったって本当...

相続税が増税!実に10%の人が相続税の申告が必要になったって本当? 以下で詳しくご説明しますが、平成26年までの相続税の基礎控除は「5,000万+1,000万×法定相続人の数」だったため、「一部の富裕層にしか関係がない」と考える方もいましたが、平成27年の税制改正で大幅に制度が変わりました。

小規模宅地等の特例に関する申請書類

小規模宅地等の特例に関する申請書類の書き方...

小規模宅地等の特例とは? 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 【小規模宅地等の特例の詳細はこちら】 小規模宅地等の特例を受けるための手続き 小規模宅地等の特例を受け