遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
生計を一にするの判断基準とは?

小規模宅地等の特例の要件の一つ「生計を一にする」ことの法的意味と...

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援助を一方が他方に与えていれば、これに該当します。 例えば、単身

節税対策の生前贈与が相続時に加算されるケースがある!...

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3

  •  2017年3月24日
  • |
  •  132
  • |
  •  節税
終身保険で500万まで節税できる

終身保険(生命保険)なら相続税は法定相続人の数×500万円まで非...

終身保険(生命保険)のメリット・デメリットは? 相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。 そのような意見や疑問への回答も含めて、ここでは相続税対策として終身保険を利用するという方法のメリット

  •  2017年3月15日
  • |
  •  130
  • |
  •  節税
小規模宅地等の特例

不動産を相続する時の【土地の評価方法】と【小規模宅地等の特例】...

不動産を相続するにあたってよくある相続トラブル 遺産相続の際に相続人が複数存在する場合、最も争いの種になりやすいのが不動産の相続です。 一般的に相続する財産の中でも不動産は高額です。また、全く同じ土地が存在しないため個別性が強いことから、査定の方法によって評価額が変わります。 相続税の視点

  •  2017年1月25日
  • |
  •  240
  • |
  •  不動産
相続時精算課税

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度?...

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度? 相続より前に財産を子どもや孫に譲り渡す場合は生前贈与をしますが、贈与した財産の額が年間110万円を超えると贈与税が課税されてしまいます。(暦年課税) そのため高額の贈与を行いたい時に相続時精算課税の選択をすると、2,500万円までの贈与額が非

  •  2017年1月25日
  • |
  •  328
  • |
  •  節税

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる!相...

【知ってる人が得をする節税対策】生前にお墓を買うと節税になる! お墓や仏壇を買う必要がある場合、生前に買った方が相続税の節約になります。 お墓や仏壇は祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれるもので、他にも仏像・位牌・仏具なども含まれます。 これらは相続税の対象にはなりません。 つまり相続税は0

  •  2016年12月16日
  • |
  •  183
  • |
  •  節税

贈与税の配偶者控除を活用して節税対策をしよう!...

配偶者控除で贈与税の節税対策ができる! 贈与税の節税の1つに配偶者控除があります。 この配偶者控除を受けるための条件は以下の通りです。 ・婚姻の期間が20年以上あること ・配偶者間で居住用不動産またはその取得のための金銭の贈与であること ・配偶者控除は生涯につき1回のみ まず婚姻の期間が

  •  2016年12月16日
  • |
  •  259
  • |
  •  贈与税

知っておきたい贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対...

贈与税の基礎控除を使った相続税(暦年課税)の節税対策 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税はかかりません。 逆に言えば110万円を超える贈与

  •  2016年12月16日
  • |
  •  223
  • |
  •  節税

子供に負担をかけたくない!中高年がやるべき相続対策4つ...

基礎控除額の大幅減額で、相続対策をする中高年が増加 終活を始める人が増えてきていますね。あなたも今までに終活という言葉を聞いたことがあるかと思います。 そして終活の中の1つとして挙げられるのが相続対策です。 近年では、子供がいない世帯や遠方で暮らしていて、法定相続人以外の相手に遺産を譲りたいと