遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

節税対策の生前贈与が相続時に加算されるケースがある!...

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3

  •  2017年3月24日
  • |
  •  132
  • |
  •  節税

贈与税の配偶者控除を活用して節税対策をしよう!...

配偶者控除で贈与税の節税対策ができる! 贈与税の節税の1つに配偶者控除があります。 この配偶者控除を受けるための条件は以下の通りです。 ・婚姻の期間が20年以上あること ・配偶者間で居住用不動産またはその取得のための金銭の贈与であること ・配偶者控除は生涯につき1回のみ まず婚姻の期間が

  •  2016年12月16日
  • |
  •  260
  • |
  •  贈与税

遺贈は贈与税?相続税?気になる相続税の計算方法をチェック!...

遺贈とは まず遺贈とは法定相続人ではない第三者に遺言で遺産を渡す事です。 子供や配偶者・父母・兄弟姉妹ではない親族や第三者は「遺贈」の対象となり、「贈与税」ではなく「相続税」が課税されます。 例えば懸命に介護してくれた子供の妻や介護士・認知していない愛人の子に遺産を渡したい時は、遺言により「遺

  •  2016年9月15日
  • |
  •  327
  • |
  •  相続税

遺言で遺産相続したら要チェック!支払うのは相続税?贈与税?...

第三者に遺産を渡す「遺贈」は相続税の課税対象 相続の中では「相続人ではなく第三者に遺産を渡したい」ケースがあります。 そこで遺言で第三者に遺産を相続させる際の支払うべき税金について考えて行きましょう。 遺言で第三者に遺産を渡す事を「遺贈」と呼び、遺贈は相続税の課税対象となります。 また生前の

  •  2016年9月15日
  • |
  •  176
  • |
  •  遺言