遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

気になる広大地評価、贈与はお早めに!「相続税等の財産評価の適正化...

広大地評価が変わろうとしています! 不動産評価において大きな減額規定である広大地(こうだいち)評価のルールが変わろうとしています。 現行の広大地評価では、面積が1000㎡以上(三大都市圏では500㎡以上)で一定の制約要件を満たす場合において、その土地の面積に応じて減額する規定となっています。

事業承継税制

「事業承継税制」の制度を利用すると相続税納税の猶予が認められる!...

自社の株式を相続する事になりました。かなりの株価になりそうですが、何か節税出来ますか 中小企業等の後継者は、相続等によりその会社の株式を被相続人から取得した場合、相続税を納税しなければなりません。 しかし相続後の納税が大きな負担に感じる後継者も多いのではないでしょうか。 事業承継税制は

  •  2017年6月13日
  • |
  •  399
  • |
  •  相続税
事業承継税制

会社の代表者である父親が死亡。自分が後を継ぎますが、会社を相続す...

代表取締役の地位は相続財産? 親が保有している株式の「割合」を調べましょう。 親から会社を引き継ぐことになった際、きちんとした手続きを踏んでおくことが大切です。 そうしないと、自分が家業を継いだと思っていたのに他人が経営者になっていた、なんてことにもなりかねません。 親から会社を引き

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ...

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ 親が所有している不動産を売却する場合、「親が生きている間に売却する」と「親の死後に相続して売却する」の大きく2つのケースがあります。 生前に親の介護費用や贈与などで子どもが親の不動産を売却することはありますが、親が重度の認知症を患っていて契

  •  2017年5月18日
  • |
  •  373
  • |
  •  不動産

余命いくばく!!急いだ贈与は大丈夫ですか!?節税対策の生前贈与が...

生前贈与が「相続財産」になってしまう事がある? 生前贈与を行う事は、一般的に広く知られている相続税の節税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまう事があります。 【生前贈与が相続財産になるケース①】相続開始前3年以内に

  •  2017年3月24日
  • |
  •  373
  • |
  •  節税
小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、その要件を見てみましょう。 小規模宅地等の特例が適用される要件 被相続人や

  •  2017年1月25日
  • |
  •  828
  • |
  •  節税
相続時精算課税

相続時精算課税制度で節税対策できる?どんな制度?...

相続時精算課税制度による節税ってどんな制度? 生前贈与によって相続財産を少なくする制度として年間110万円までの暦年課税(れきねんぞうよ)があります。 これは、年間110万円までであれば誰に対しても非課税で財産を譲り渡すことができるものです。 しかし、110万円を超えてしまうと高い税率

  •  2017年1月25日
  • |
  •  662
  • |
  •  節税

子や孫への教育資金の贈与なら節税が可能に!?その上限とは?...

「教育資金の贈与」って最近聞くけれど、どんな制度? 新聞やテレビで「教育資金の贈与」が話題になっています。 相続も贈与も金銭や財産を譲り渡す点では同じですが、生前に譲るのが「贈与」、死亡後に渡すのが「相続」です。 贈与税の方が相続税に比べて税率が高く設定されていますが、贈与は死亡を原因

  •  2016年12月16日
  • |
  •  591
  • |
  •  贈与税

自宅を建てようと考えています。その資金の一部を父母や祖父母などか...

住宅資金を父母や祖父母などから贈与される際に利用できる特例制度とは? 通常、資金や財産などを贈与されると贈与税が発生します。 一般的な贈与では基礎控除として年間で受けた金額から110万円までが非課税となりますが、110万円を超える金額については課税対象となります。 しかし住宅資金を目的とし

  •  2016年12月16日
  • |
  •  395
  • |
  •  贈与税

贈与税の配偶者控除を活用して節税対策をしよう!...

配偶者に自宅を贈与すると、節税対策になる!? 贈与税の配偶者控除を活用すると、相続税の節税につながる? この配偶者控除を受けるための条件は以下の通りです。 ・婚姻の期間が20年以上あること ・配偶者間で居住用不動産またはその取得のための金銭の贈与であること ・配偶者控除は生涯につき1回のみ

  •  2016年12月16日
  • |
  •  589
  • |
  •  贈与税