遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
相続内容に納得がいかない時すぐに裁判を実施できる?

相続内容に納得がいかない時すぐに裁判を実施できる?...

遺産分割協議とは? 被相続人が遺言を残していない場合、法定相続人が遺産を相続することになります。 法定相続人が複数いる場合には、遺産は、相続人全員の共同相続財産となります。 その共同で相続した財産を、具体的に誰がどのように相続するのかということを、相続人全員で話し合うことが、「遺産分割協議」で

数次相続

複雑すぎる!数次相続

数次相続とは 遺産相続における遺産分割協議には期限が定められていません。 そのため、いつまでも協議を先延ばしにしていると相続人の中から死亡者が出てしまうケースがあります。 遺産相続が開始されてから、遺産分割協議や相続登記の手続きが完了しないうちに、次の遺産相続が開始してしまうことを数次

代表相続人

代表相続人とは?

代表相続人とは? 代表相続人という言葉は、相続手続きにおける実務的な言葉であって民法などの法律で具体的に定められているわけではありません。 あくまでも、納税手続きや銀行手続きなどを行う際「複数いる相続人の代表者として手続きを行う」という意味で便宜的に使われている言葉です。 代表相続人(

不在者財産管理人

行方不明の相続人がいる場合に選任される「不在者財産管理人」とは?...

行方不明の相続人がいる場合の対処法 相続において複数の相続人がいる場合、その全員が集まって遺産分割協議を行う必要があります。 そのため、その内1人が行方不明で連絡がつかないとなると協議を始められない事になります。 その人物の行方が判明するまで遺産分割ができない状況ですと、様々な不利益や不都

未成年者が相続人の場合、遺産分割協議に参加できるの?...

未成年者が相続人の場合、遺産分割協議に参加できるの? 相続人に未成年者がいる場合、遺産分割協議への参加、さらには相続することができるのでしょうか? 結論としては、未成年者であっても成年に達した相続人と同じ権利があります。 ただし、幾つか注意点があります。 相続人が未成年者の場合に注意

信託を活用して相続税を節税する!?

信託の定義と仕組み まず、信託とは「委託者(=預ける人)の設定した一定の目的に従い、当該財産の管理又は処分を受託者(=預かる人)が行う行為」の事を指します。 信託をする上でよく耳にする「信託受益権(しんたくじゅえきけん)」ですが、 信託受益権とは受益者(=信託財産から得られる利益を得る人)

  •  2016年12月16日
  • |
  •  388
  • |
  •  節税
共同相続の不動産を明け渡しできるのか?

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相...

共同相続した不動産を明け渡しさせられる?できるなら避けたい共同相続の注意点 共同相続とは、二人以上の法定相続人が共同で行う相続の事です。 二人以上で相続を行うなら心強い!と思う方もいるかもしれませんが、実は共同相続には後々揉めたり協議が長引いたりする要因があります。 例えば父親が亡くなった

  •  2016年11月22日
  • |
  •  348
  • |
  •  不動産

遺産分割協議書とは!?遺産分割協議書の書き方・雛形付き【決定版】...

遺産分割協議書を作成する必要があるのはどんな時? 遺言書があったり法定相続分で相続する場合には作る必要はありませんが、それ以外のケースの場合、亡くなった人の遺産の分割方法について相続人の間で話がまとまった場合には遺産分割協議書を作成します。 この書き方には特に法律的な決まりはありませんしそのため