遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番
生命保険で節税

遺言代用信託でも節税対策ができる!生命保険(終身保険)とどっちが...

遺言代用信託ってなに? 「信託」という言葉はだんだんと浸透してきていますが、その中でも「遺言代用信託」という言葉を耳にする機会はありますでしょうか? 遺言代用信託とは、法人又は個人に財産を信託し生前中は自身が受益者、死後は指定した方が受益者となり財産を受け取る事ができる信託契約です。

  •  2017年3月15日
  • |
  •  484
  • |
  •  節税

遺言書と遺留分はどちらが優先順位が高いの?自分の財産を全て妻に相...

妻(夫)に全財産を相続させるにはどうすればいい?遺言書と遺留分はどちらが優先順位が高いの? 相続は民法で相続人、相続の順位、法定相続分などが定められています。 しかし、自分に長く寄り添ってくれた配偶者、つまり妻(夫)に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事でご自分の思いを実

  •  2017年2月13日
  • |
  •  576
  • |
  •  遺言

遺言で子(相続人)によって相続分に差をつけたい!遺留分(いりゅう...

特定の子(相続人)に多く相続させたい場合 遺言者が相続割合を決める際には、自分の家族それぞれに対する愛情は同じであっても、財産承継(財産を誰にどのくらい渡すか)という点では異なる結果になる場合があります。 自分に長く寄り添ってくれた長男に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事に

  •  2017年2月13日
  • |
  •  476
  • |
  •  遺言

遺言書発見!思いもよらない内容で相続人なのにまったく受け取れない...

最低限保証された遺産配分『遺留分』 亡くなった方の遺言書がある場合、亡くなった方の意思を尊重する為、その内容が優先されますが、納得できる内容でなかったら大変です。 もし「遺産は全て友達の〇〇さんに譲る」なんて書いてあったら、残された家族はこれからの生活に困ってしまいますよね。 そんな時のた

  •  2016年9月15日
  • |
  •  691
  • |
  •  遺言

一代で築き上げた財産、自分の死後も財産を思うように分配したいが、...

遺産を分配したい人に遺産相続する時には「遺言書」が有効 自分が持っている財産を、この相手には相続させたくないと考えている時にはどのような方法があるのでしょうか。 相手の意思に関係なく、自分だけで手続きができる方法が遺言です。 どの財産を誰に渡すかということを細かく記しておきますので、こちらに記

  •  2016年9月15日
  • |
  •  430
  • |
  •  遺言

【相続手続きの流れ】相続の申告期限はいつまで?...

相続税の申告は10ヵ月以内、他にも様々な「期限」があります! 相続手続きをしなければいけないのに、どうすればいいのか分からなくて困っている人もいるかもしれません。 銀行口座についても相続が開始した時点で、すぐに凍結されてしまうと思われている方も多いようです。 相続に詳しい専門家でもない限り分か

その遺言書、本当に大丈夫?知らないと大変!「遺留分」について...

遺言書と遺留分の請求の関係 遺言書は特定の相手に指定した遺産を譲ることができる方法として多く利用されていますが、その遺言の内容が、相続人の遺留分を侵害している場合には遺留分の請求により、請求のあった他の法定相続人に一部遺産を譲る必要が生じます。 遺言書の内容を一部覆す「遺留分の減殺請求」ができる