遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

遺言書と遺留分はどちらが優先順位が高いの?自分の財産を全て妻に相...

妻(夫)に全財産を相続させるにはどうすればいい?遺言書と遺留分はどちらが優先順位が高いの? 相続は民法で相続人、相続の順位、法定相続分などが定められています。 しかし、自分に長く寄り添ってくれた配偶者、つまり妻(夫)に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事でご自分の思いを実

  •  2017年2月13日
  • |
  •  576
  • |
  •  遺言

一代で築き上げた財産、自分の死後も財産を思うように分配したいが、...

遺産を分配したい人に遺産相続する時には「遺言書」が有効 自分が持っている財産を、この相手には相続させたくないと考えている時にはどのような方法があるのでしょうか。 相手の意思に関係なく、自分だけで手続きができる方法が遺言です。 どの財産を誰に渡すかということを細かく記しておきますので、こちらに記

  •  2016年9月15日
  • |
  •  430
  • |
  •  遺言

何でも書けばいい、というものではない遺言書!作成して無効とならな...

遺言書というのは、自分の財産を希望通りに渡すための大切な書類です。 そのため、できるだけ自己流の自筆証書を作成するのではなく、公証人のところに出向いてきちんとしたものを作成しましょう。 以下、遺言書を作成するにあたり気を付けておくポイントをご紹介致します。 【遺言書を作成する際のポイント】①自

  •  2016年9月15日
  • |
  •  358
  • |
  •  遺言

その遺言書、本当に大丈夫?知らないと大変!「遺留分」について...

遺言書と遺留分の請求の関係 遺言書は特定の相手に指定した遺産を譲ることができる方法として多く利用されていますが、その遺言の内容が、相続人の遺留分を侵害している場合には遺留分の請求により、請求のあった他の法定相続人に一部遺産を譲る必要が生じます。 遺言書の内容を一部覆す「遺留分の減殺請求」ができる