遺産相続手続きや節税の方法を税理士が解説|相続お助け110番

遺言で子によって相続分に差をつけたい!遺留分はいくら!?...

特定の子に多く相続させたい場合 遺言者が相続割合を決める際には、自分の家族それぞれに対する愛情は同じであっても、財産承継(財産を誰にどのくらい渡すか)という点では異なる結果になる場合があります。 自分に長く寄り添ってくれた長男に多く相続させたいと思った場合、遺言書でその旨を記載する事になります。

  •  2017年2月13日
  • |
  •  394
  • |
  •  遺言
相続税申告で必要な書類

これだけは押さえておこう!相続税申告に伴う必要書類...

相続税申告に伴う必要書類は絶対必要? 相続税申告時に、必ず必要な書類は、法律上はあまり多くありません。 しかし、実際には、かなり多くの書類の添付を税務署から求められます。 相続税申告に伴う必要書類【被相続人と相続人の関係を示す書類】 【必要な書類一覧(被相続人と相続人の関

  •  2017年1月25日
  • |
  •  384
  • |
  •  相続税

代襲相続の範囲を家系図でチェック!【兄弟姉妹・姪・甥は代襲相続で...

本来相続するはずの相続人「法定相続人」がいない場合の「代襲相続」とは 親よりも先に子どもが死ぬほど親不孝な事はありません。 しかし高齢化へと突き進む現代において親よりも先に子どもが亡くなるケースも多くなっています。 その場合、「相続するはずだった人がいない」「誰がどのくらい相続したらいいか

お世話になった兄弟姉妹に、円滑に遺産を相続させる方法...

法定相続分は絶対?兄弟姉妹に円滑に遺産を相続させるには? 故人の遺産を相続する際、「誰が、どのように遺産を受け取るのか」について基準が設けられています。 これは「法定相続分」と呼ばれ、法律上明確に規定されているものです。 この法律に基づくと、必ず権利が与えられるのが「配偶者」で、その他の血縁者

相続人でなくても相続が出来る遺贈は贈与税?相続税?気になる相続税...

遺贈とは 遺言書を使えば、相続人でない人に財産を渡す事が可能です。これを「遺贈」といいます。 例えば懸命に介護してくれた子供の妻や介護士・認知していない愛人の子に遺産を渡したい時は、この「遺贈」という方法で実行することが出来ます。 また「自分が亡くなったら遺産を渡したい」とする「死因贈与」契約

  •  2016年9月15日
  • |
  •  616
  • |
  •  相続税

特別受益持ち戻し免除の意思表示は明確に!特別受益者を守れます。...

特別受益とは 特別受益とは、共同相続人(※1)のなかでも特定の誰かが、被相続人(亡くなった人)から何らかの形で受け取っていた財産や利益のことです。 亡くなる前か、遺贈により受け取った財産が該当し、売買によって受け取ったものは含まれません。 具体的には、花嫁道具や新居など、婚姻・養子縁組のための

相続人は遺言執行者になれる? 遺言執行者をたてるメリットは?

相続人は遺言執行者になれる? 遺言執行者をたてるメリットは?...

実は重要?遺言執行者とは? 自分の財産を希望通りに分配したいと考えているとき、決めておきたい内容の一つが遺言執行者です。 書面で、誰にどの財産を譲り渡したいかを記載しておくだけでは、実際に相続人の名義に変えるときに面倒なことになる可能性があるためです。 遺言執行者というのは、遺言の内容を正

  •  2016年9月15日
  • |
  •  497
  • |
  •  遺言

養子は法定相続人になれるの? 養子縁組の種類で相続権をチェック!...

相続権を持つ相続人とは 遺産相続のキーワード「相続人」を知っていますか? まずはそこから考察していきましょう。 故人の1親等以内にあたる「配偶者・子供・父母(兄弟姉妹)」が法定相続人になり、相続権を法的に認められています。 但し相続順位があり、配偶者は必ず相続出来る権利を有しますが、

  •  2016年9月15日
  • |
  •  446
  • |
  •  遺言

遺言書発見!思いもよらない内容で相続人なのにまったく受け取れない...

最低限保証された遺産配分『遺留分』 亡くなった方の遺言書がある場合、亡くなった方の意思を尊重する為、その内容が優先されますが、納得できる内容でなかったら大変です。 もし「遺産は全て友達の〇〇さんに譲る」なんて書いてあったら、残された家族はこれからの生活に困ってしまいますよね。 そんな時のた

  •  2016年9月15日
  • |
  •  570
  • |
  •  遺言

遺産分割協議書とは!?遺産分割協議書の書き方・雛形付き【決定版】...

遺産分割協議書を作成する必要があるのはどんな時? 遺言書があったり法定相続分で相続する場合には作る必要はありませんが、それ以外のケースの場合、亡くなった人の遺産の分割方法について相続人の間で話がまとまった場合には遺産分割協議書を作成します。 この書き方には特に法律的な決まりはありませんしそのため